子供を「育てる」教師のチカラ 定期購読・最新号・バックナンバー

子供を「育てる」教師のチカラの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

子供を「育てる」教師のチカラ雑誌の詳細です。


子供を「育てる」教師のチカラの公式サイトへ
本・雑誌 子供を「育てる」教師のチカラ
本・雑誌内容 子どもを「育てる」ことのできるホンモノの教師を目指す、教師のための雑誌です。陰山英男、増田修治、赤坂真二、鈴木健二、杉渕鐵良ら豪華執筆陣。毎号付録としてCDが付きます。CDには、参考となる授業映像や、授業づくりやクラスづくりに役立つ資料などが満載です!
本・雑誌内容詳細 巻頭グラビア 
岡ノ谷一夫 東京大学大学院教授 言葉はどのようにして生まれたのか

【特集】 国語力を育てる

I 指導論
1 国語授業がなぜ必要なのか
   授業の事実の中から「必要性」が見えるか
   国語教育で必要なこと
2 「物語文」で国語力を育てる
   低学年 新たな発見と感動のある発問
   音読をする前に読みを深める

   中学年 「モチモチの木」から人間の成長を考える
   単元のリード文から発問をつくる
   高学年 教師の問いの価値
   まるごと読み×国語用語
3「説明文」で国語力を育てる
   低学年 感情に訴える発問で主体的な読みを!
   中学年 おもしろい! と感じられる発問とは
   高学年 2つの視点で発問を考える
4 日常生活のなかで国語力を育てる
   語彙力を高め、社会常識を身につけさせよう
   「読み聞かせ」のススメ
   国語から総合への応用術
   読む・書く・聞くの「ファーストステップ」
   日常生活、授業での「書く」
   言葉にしづらいことを、あえて言語化する
5 語彙力を育てる
   幼児教育 語彙数を増やすには      
   低学年 基礎をつくり、武器を与え、場を設ける
   中学年 語彙力を高め、学びを深める      
   高学年 言葉に触れさせ、使わせる
6 言葉遊びで言語感覚を育てる
   絵本で育つ言語感覚
   詩で言語感覚を鍛える
   楽しんで育てる言語感覚「言葉遊びの詩」
   「楽しく」「夢中になれる」言葉遊び
   国語が待ち遠しくなる言葉遊び
   何をするかをクイズで始める
   しなやかな発想を育てる
   「楽しさ」の中で行う言葉遊び

II 上達論
1 教師が国語力を鍛えるための提言
   教師の国語力が授業の質を左右する
   気軽に多読せよ
2 教師が国語力を習得するおすすめの1冊
   「話し方」は教師の生命線 ブライアン・トレーシー 著 『話し方入門』(日本実業出版社)
   国語授業づくりの背景知 青木幹勇 著 『授業 詩「花いろいろ」』(国土社)
   「真の国語力」を考える 西尾実 著 『西尾実国語教育全集 第一巻』(教育出版) 
   詩は省略の文学 横山験也 著 『力をつける短い詩文の解読法』(明治図書)
   「一文一義」で文章が激変する 宇佐美寛 著 『論理的思考 論説文の読み書きにおいて』(メヂカルフレンド社)
   ことばの本質とは? 国語教育とは? 大岡 信 著 『日本語の豊かな使い手になるために』(太郎次郎社)
   自分を成長させる読書 齋藤 孝 著 『読書力』(岩波書店)
   読みを深める「素材研究」 野口芳宏著 『授業づくりの教科書 国語科授業の教科書』(さくら社)
3 教師の国語力を鍛えるためにしていること
   今必要な2つの修業
   「ホウ、レン、ソウ」何が違う?
   一文一文の精読が国語力を高める
   経験を大切にする
インタビュー 言葉のプロは自分の言葉をどう磨いているか 

連載
教師のチカラ 教育フォーラム in 東京 開催!!  テーマは、 分岐点は5月にあり!
特別の教科 道徳への提言 主張ある道徳授業を創る!  その1 教師のスタンス
子どものシグナルをとらえる5  いじめの背景にある子どもの寂しさ 
教育改革ヘッドライン6 教科横断的な視点からの資質・能力の育成

サークル全力投球 ――サークルで学び・鍛え合う
 教師として成長する力をつける GROW-UP
 学びを創る教師をめざして 創造国語対話の会
 語り、聴き、共に伸びる 教師のNゼミ
 もかく「やってみよう!」 縁太会(えんたかい)

執筆者紹介
編集後記 編集委員=杉渕鐵良+鈴木健二+土作彰+深澤久+増田修治
    




プロダクトNo 1281694094
出版社 日本標準
発売日 1,4,7,10月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。