子供を「育てる」教師のチカラ 定期購読・最新号・バックナンバー

子供を「育てる」教師のチカラの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

子供を「育てる」教師のチカラ雑誌の詳細です。


子供を「育てる」教師のチカラの公式サイトへ
本・雑誌 子供を「育てる」教師のチカラ
本・雑誌内容 子どもを「育てる」ことのできるホンモノの教師を目指す、教師のための雑誌です。陰山英男、増田修治、赤坂真二、鈴木健二、杉渕鐵良ら豪華執筆陣。毎号付録としてCDが付きます。CDには、参考となる授業映像や、授業づくりやクラスづくりに役立つ資料などが満載です!
本・雑誌内容詳細 巻頭グラビア 
村山 斉 東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構 機構長
 子どもの頃の好奇心を情熱に替えて宇宙の謎に挑む

【特集】 算数文章題を解く「立式力」を育てる

1 「立式力」とは何か
 「立式力」を〝独自の力〟として位置づけよ! 深澤 久
 文章題と立式力 志水 廣

2「立式力」を育てる
 動画変換力を育てよう 杉渕鐵良
 3回読ませる、構造を把握させる 横山験也
 文章題のイメージを大切に 藤條亜紀子
 「式」は語る 森川みや子
 教科書にちょっとつけ足すと、70%の子どもができる 岸本ひとみ
 問題を解く力と創る力 「困難は分割せよ(デカルト)」小笠 毅

3 この文章題で「立式力」を!
 1年
   数量の意味を問い直す 井出誠一
   つまずきを自信に 諸岡朋子
 2年
  たし算とひき算 
  文章題に向かう構えを新たにする 下石暢彦
 3年
  立式力を育てるための習慣づけ 八ッ橋祐太
  逆思考の問題で、図を取り入れる 平川 賢
 4年
  逆思考(巻きもどし型)で、乗除計算と加減計算を組み合わせる 岸本ひとみ
  文章題にこそ、算数的表現のよさがある 森居 昭
 5年
  基本の構造文を見つけ、素直に立式! 佐々木智光
  「小数のかけ算」の文章題が「割合」へとつながる 福山憲市
 6年
  文章題の意味と解法をかけわり図で 秋田敏文
  分数のかけ算の土台になる場面とは 鶴岡武臣

4 確実な「立式力」を育てるためのポイント
  (1)「何算にすればいいか」を理解させるために
   教科書を活用して育てる 鈴木健二
   四則演算は「何を求めるのか」で決定する 二ノ神聡
   問題場面をイメージする力 蓑手章吾
   立式力を育む「問いかけ発表」 三好真史
 (2) 正しく単位をつけさせるために
   数と単位から見えてくるものを子どもたちに 日下勝豊
  単位誤答は、図で解決できる! 二宮大樹
  単位ミスに対する指導「3つのステップ」 加藤百合絵
  「答えの単位」を意識させる指導  尾上康真
 (3)正しく図示させるために
   数直線以外の図表でも視覚化を図る 神藤 晃
  イメージ力を高める「図示」のポイント 増谷 剛
  絵・図が描けたら1点! 広山隆行
  2ステップで自信をつける 山下愛加

コラム 無限に広がる算数のおもしろさ 現代にも息づく和算の魅力 土作 彰
全国学力・学習状況調査の 「分析」を見る 
 全国学力・学習状況調査を通して見えてくる論理的思考力の欠如 増田修治

連載
 特別の教科 道徳への提言 主張ある道徳授業を創る! その2 義務教育で「日本人の道徳」を 羽鳥 悟
 子どものシグナルをとらえる6  「荒れるクラス」の根本原因は、「他者への規範意識」  増田修治
 教育改革ヘッドライン7 資質・能力の3つの柱と評価のあり方 石井英真

サークル全力投球 ――サークルで学び・鍛え合う
 授業で語る 教員サークル「わっしょい!」 久保田健祐
 合言葉は「国語力は人間力」  さ ざなみ国語教室 吉永幸司
 つながりの中で育つ教師集団 教員と教員志望のためのサークルTサークル 柴﨑 明
 サークルの刺激で成長する サークルやまびこ 中嶋 敦

執筆者紹介
編集後記 編集委員=杉渕鐵良+鈴木健二+土作彰+深澤久+増田修治
プロダクトNo 1281694094
出版社 日本標準
発売日 1,4,7,10月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。