新・銘柄専科 定期購読・最新号・バックナンバー

新・銘柄専科の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

新・銘柄専科雑誌の詳細です。


新・銘柄専科の公式サイトへ
本・雑誌 新・銘柄専科
本・雑誌内容 投資経済社の記者が、企業業績、テクニカル、業界事情などを分析。多数の銘柄の中から、特に有望なものを厳選してお届けします。短期の値幅取りを狙うより、中長期でじっくり投資したい方におススメです。
本・雑誌内容詳細 〔視点〕 経営者の構想力が雌雄を決する

●特選株
大和ハウス工業/アサヒグループホールディングス/キリンホールディングス/ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス/リクルートホールディングス/オークマ/コマツ/アマノ/アンリツ/ソニー/アルプス電気/アドバンテスト/ローム/スズキ/SCREENホールディングス/ピジョン/東京エレクトロン/乃村工藝社/丹青社

●好発進した上方修正含み銘柄
清水建設/日清製粉グループ本社/日本M&Aセンター/トリドールホールディングス/エア・ウォーター/クイック/中外製薬/資生堂/住友電気工業/オムロン/シャープ/ホンダ/ヤマハ発動機/タカラトミー/三井物産/三井不動産/サンフロンティア不動産/ANAホールディングス/船井総研ホールディングス

●調整完了の出直り株を仕込む
九電工/カルビー/デジタルアーツ/ディー・エヌ・エー/東レ/旭化成/農業総合研究所/日産自動車/SUBARU/日本エム・ディ・エム/日本郵船/商船三井/川崎汽船

●タイミングをうかがう上抜け銘柄
大東建託/きんでん/リンクアンドモチベーション/日清オイリオグループ/キッコーマン/永谷園ホールディングス/MonotaRO/ニチアス/ダイキン工業/村田製作所/ジャパンインベストメントアドバイザー/三菱自動車/ゼンショーホールディングス/伊藤忠商事/稲畑産業

●安心買いの株主還元・高利回り株
積水ハウス/ローソン/帝人/昭和電工/マンダム/ファンケル/小林製薬/東洋機械金属/メルコホールディングス/アズワン/白銅/キヤノン/NECキャピタルソリューション

●息を吹き返す中国&資源関連企業
国際石油開発帝石/三菱製鋼/ナブテスコ/日立建機/ローツェ/SMK/ニホンフラッシュ/住友商事/三菱商事

●話題沸騰のロボット・自動化関連株
技研製作所/ダイフク/不二越/三菱電機/安川電機/富士ソフト/ソフトバンクグループ

●コト消費・人手不足を商機にする企業
NECネッツエスアイ/JAC Recruitment /エス・エム・エス/モバイルファクトリー/オリエンタルランド/ラウンドワン/オービック/アドアーズ/キャリア/エイベックス・グループ・ホールディングス/東祥/東日本旅客鉄道/丸和運輸機関

●花開く新興市場銘柄
ミクシィ/夢真ホールディングス/ユナイテッド/日本マクドナルドホールディングス/フジオフードシステム/ティーケーピー/シンバイオ製薬

●成長期待高まる中小型株
山崎 清一 JCRファーマ/カルナバイオサイエンス/タカラバイオ
納  博司 じげん/Gunosy/フリークアウト・ホールディングス
鮫島誠一郎 ジェイグループホールディングス/串カツ田中/力の源ホールディングス
キャピタル・アセット・プランニング

●わくわくドキドキ銘柄ショートコメント
明治ホールディングス/日本ハム/宝ホールディングス/サンエー/横浜冷凍/Jフロントリテイリング/BEENOS/ツルハホールディングス/アルファ/王子ホールディングス/三井化学/三菱ケミカルホールディングス/ハリマ化成グループ/武田薬品工業/アステラス製薬/沢井製薬/大正製薬ホールディングス/エン・ジャパン/新日鐵住金/神戸製鋼所/ジェイエフイーホールディングス/エスペック/いすゞ自動車/トヨタ自動車/マツダ/ドンキホーテホールディングス/ダイトロン/島津製作所/マーベラス/Jトラスト

●株価上昇の原動力は第4次産業革命

チャートで儲ける方法教えます
メンバーズ/協和発酵キリン/三ツ星ベルト/富士電機/任天堂
▼主要掲載銘柄/インデックス/編集後記
プロダクトNo 1281693787
出版社 投資経済社
発売日 6,12月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。