投信大点検 本当の投信 定期購読・最新号・バックナンバー

投信大点検 本当の投信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

投信大点検 本当の投信雑誌の詳細です。


投信大点検 本当の投信の公式サイトへ
本・雑誌 投信大点検 本当の投信
本・雑誌内容
本・雑誌内容詳細 ◇「投信大点検!!」

 ◇Part1 投信のカラクリ 売り時 買い時

・8  Q&A  運用収益を上回る分配金が毎月支払われるカラクリ■服部哲也
・14 これがタコ足分配ファンド 07年末購入はほとんどタコ足  ■大山弘子
・18 投信の過熱販売にブレーキをかける金融庁           ■森岡英樹
・19 「売り時」「買い時」を意識し過ぎるのはケガの元  ■島田知保
・22 ・グローバル・ソブリン  設定から15年 最大ファンドの功罪  ■小林 新
・25 ・グローバルREIT  株式よりもハイリスク・ハイリターンに注意   ■下村優太
・28 ・豪ドル債投信  低調な投信販売の中で、好調な理由 ■奥田吾郎
・31 「証券優遇税制2013年末で廃止」──再々延長はあるか  ■川北隆雄
・34   普通預金に流れる個人マネー   ■上野剛志
 ◇Part2 人気30投信の運用成績

・38   総論 人気投信30ファンドの運用成績   ■篠田尚子
・40   一覧表 純資産残高上位30ファンド
・42   人気投信30ファンドを診断する      ■篠田尚子
・騰落率ベスト30 ワースト30
・57   フィリピン、インドネシアへの投信が上位  ■篠田尚子
・58   株式ファンドベスト30
・59   株式ファンドワースト30
・60   債券ファンドベスト30
・61   債券ファンドワースト30
・62   ブル・ベア/特殊運用型ファンドベスト30
・63   通貨選択型ファンドワースト30
・64   解散に追い込まれた投信 その背景   ■永野原梨香
 ◇Part3 日本の投信、ここがダメ

・67   図表でわかる 日本の投信のおかしなところ     ■朝倉智也
・73   匿名誌上座談会  投信の売り手も悩んでいる 販売の手口と心理  ■大山弘子
・76   銀行窓販への苦情件数が高い伸びを見せる   ■伊藤 歩
・78   投資信託よ さようなら、ETFよ こんにちは ■竹中正治
 ◇Part4 世界の株、債券、通貨……

・99  (1)日本株  ■櫻井祐記  100 (2)米国株  ■矢崎 正
・101 (3)中国株  ■由井濱宏一 102 (4)日本国債 ■伊藤 篤
・103 (5)米国債  ■前川 貢  104 (6)ユーロ圏国債 ■前川 貢
・105 (7)新興国債 ■飯田美奈子 106 (8)資源国債   ■高橋祥夫
・107 (9)ハイイールド債 ■中空麻奈
・108 (10)円 対米ドル■佐々木 融
・109 (11)円 対ユーロ  ■棚瀬順哉
・110 (12)円 対ブラジルレアル ■棚瀬順哉
・111 (13)円 対豪ドル  ■佐々木 融
・112 (14)人民元      ■柯 隆
・113 (15)J-REIT  ■関 大介
・114 (16)米国REIT     ■関 大介
・115 (17)原油      ■居林 通
・116 (18)金          ■池水雄一
 ◇Part5 欧州ショックに備える

・118  世界中で点滅するリスクのスイッチ  次に来るリスクオフに備えるには    ■寺本名保美
・122  欧州債務危機、これからのチェックポイント   ■鈴木敏之
・126  危機の始まりと終わりを知らせる信用リスク指標    ■藤戸則弘
・82 Q&A 投信のABC  仕組み、コスト、いくらで買える、選択基準、分配金、税金……   ■大山弘子
・90   運用報告書の読み方 運用成績をチェックする  ■高橋晴美
プロダクトNo 1281693342
出版社 毎日新聞出版
発売日 毎月A日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。