Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)雑誌の詳細です。


Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)の公式サイトへ
本・雑誌 Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)
本・雑誌内容 本誌は、「月刊アームズマガジン」の増刊として発売、2012年8月号より独立創刊し月刊誌となりました。床井雅美氏、Turk Takano氏、Toshi氏をはじめとする、実銃専門誌で活躍してきた海外ライターが一挙集結し、日本では見ることのできない海外の銃器に関する最新情報を毎月発信する銃と射撃の専門誌です。≪メインコンテンツ≫★海外実銃レポート★上記ライター陣による各地での取材レポート。★国内トイガンレポート★アームズマガジン誌とはコンセプトの異なる角度から、国内製品や実銃をインプレッション。★国内シューティングレポート★日本国内の実銃射撃、銃砲の情報を掲載。
本・雑誌内容詳細 【ハドソンH9】
2017年のSHOT SHOWに試作モデルを持って登場し、小さなブースながら会期中、常に黒山の人だかりができた新興メーカーのハドソンですが、
単なる打ち上げ花火では終わらせず、同年後半には製品版を発売、愛好家の期待に応えました。
やっとその量産モデルをご紹介できます。H9が期待通りの傑作なのか、それとも期待はずれの平凡な製品でしかなかったのか、それはこのレポートで判断してください。

【SIG P365 & Glock 43】
今年のSHOT SHOWでSIGが発売したコンシールドキャリーガンSIG P365が早くも登場です。
同じマーケットで先行するグロック43が6発+1と携帯性重視なのに対し、P365は10発+1と高い戦闘力がウリです。

【実銃レポート】
S&W M&P 9L
FNH SCAR SC
Walther P99
プロダクトNo 1281693137
出版社 ホビージャパン
発売日 毎月27日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。