電撃PlayStation Vita 定期購読・最新号・バックナンバー

電撃PlayStation Vitaの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

電撃PlayStation Vita雑誌の詳細です。


電撃PlayStation Vitaの公式サイトへ
本・雑誌 電撃PlayStation Vita
本・雑誌内容
本・雑誌内容詳細 『ソウル・サクリファイス』70ページ大特集&先行特典データ付き

“生贄”か“救済”か――

 この選択、あなたならどちらを選びますか? 何かを犠牲にして得られる力、何かを救うことで手にする力。3月7日に発売される、PS Vitaタイトル『ソウル・サクリファイス』では、常にこの2択を強いられていきます。その選択がつむいでいくダークストーリーの結末とは……?


▲『電撃PlayStation Vita Vol.3』では『ソウル・サクリファイス』を大特集!
 そんな超魔法バトルアクションに魅入られている、救済派の電撃PlayStation編集部のHIROです。体験版が好評配信中の『ソウル・サクリファイス』ですが、発売まであと3週間になりました! 体験版をプレイした段階で、先が気になって仕方ありません!!
 そんな発売直前の『ソウル・サクリファイス』。本日発売した『電撃PlayStation Vita Vol.3』で超特集を組んでいます。世界観やビジュアル、体験版で探求した攻略方法、本作の開発スタッフ12人とのインタビューなど、70ページもの大ボリュームで『ソウル・サクリファイス』の魅力を、あますところなくお届け! さらに、オリジナルの“供物”が先行特典のデータ付録に!! その内容をChapterごとに紹介します♪


▲製品版の『ソウル・サクリファイス』で使用できる“供物”が『電撃PlayStation Vita Vol.3』の付録。“精霊の雷腕”という供物で、右腕に雷属性の巨大な腕をまとい、迫り来る魔物をぶん殴ります!
■『ソウル・サクリファイス』特集 Chapter1……世界観
 供物と呼ばれる道具や己の体の一部を代償に使える魔法とは何か、なぜ魔法使いは人々に忌み嫌われているのか、魔物と呼ばれる存在が生まれる理由など、本作の持つ重厚で深い世界観を、魔法、物語、人物、魔物、戦いの舞台ごとに解説する。


▲犠牲なくしては何も得られない世界について、数々のイラストとともに語っていく。
■『ソウル・サクリファイス』特集 Chapter2……基本攻略
 体験版をもとに、ゲームの流れや各種システムを紹介。“供物”や“救済と生贄”など、本作ならではの要素をチェックしよう。また、魔物を倒すための戦闘テクニックも伝授。とくに強力な人型魔物のジャック・オ・ランタン、ハーピー、ケルベロスの攻略方法もバッチリだ。


▲供物魔法のデータを、使用中の画像とともに掲載。タイプや威力はもちろん、強化したあとの使用回数の変化までも網羅している。
■『ソウル・サクリファイス』特集 Chapter3……魔物図鑑
 彼らはなぜ魔物と化したのか……? 人間か魔物になってしまった背景には、その人間が持っていた欲望がキーワードとなっている。ここでは、欲望の果てに生まれた13体もの人型魔物について、本作のクリエイターコメントとともに語っていく。


▲食欲にとらわれた醜い肉の塊をしたハーピィ、住民を守る門番から住民を逃がさない門番になったケルベロスをはじめ、それぞれ魔物になった理由が細かく設定されている。1つ1つのストーリーが深く、そして重い。それでいて読みふけってしまう内容だ。
■『ソウル・サクリファイス』特集 Chapter4……コンセプトアート
 自らの口に腕を突っ込んで脊髄と内臓を引きずり出し、それを剣にする禁術“エクスカリバー”をはじめとしたイメージイラスト。『ソウル・サクリファイス』の発表とともに、世に出たイラストの数々は、凄惨で狂気を感じさせつつも、ユーザーの心に強く残った。ここでは、本作のアートチームのスタッフインタビューとともに、数々のコンセプトアートを振り返っていく。


▲アートチームのディレクター・小牧信介氏に加え、主に魔物のデザインを担当した伊能浩彦氏、背景や人物などをデザインした三宅拓己氏の3人にインタビュー。イメージスケッチ、自粛作品となっていた問題作、初期スケッチといった、各種コンセプトアートについてのコメントも収録している。
■『ソウル・サクリファイス』特集 Chapter5……インタビュー
 株式会社comceptの代表取締役・稲船敬二氏を筆頭に、ディレクターの下川氏や鈴木一徹氏など、計8人の『ソウル・サクリファイス』クリエイターインタビューを掲載。稲船氏が“僕たちの考える王道”と語った本作の魅力を読み取ってほしい。


▲本作の開発経緯、魔法使いや生贄魔法をはじめとした独特な世界観が生まれた理由、体験版の反響など、今まで語られてこなかった『ソウル・サクリファイス』の魅力の数々が明らかとなる!
 このように、大ボリュームで『ソウル・サクリファイス』の発売直前情報を掲載している『電撃PlayStation Vita Vol.3』ですが、ほかにも『ファンタシースターオンライン2』をはじめとした、注目のPS Vitaタイトル情報も満載! 2月28日からPS Vitaが19,980円(税込)に値下げされるので、この機会に本体とセットでお買い求めはいかがでしょうか? 自分は3月7日に発売される、『ソウル・サクリファイス』の紅に染まった限定モデルが欲しくてたまりません♪(電撃PlayStation編集部 HIRO)


▲2月28日にサービスが開始されるPS Vita版『ファンタシースターオンライン2』。PS Vita版ではじめて本作をプレイする人に向けてのスターターガイドなどを掲載している。
プロダクトNo 1281692843
出版社 アスキー・メディアワークス
発売日 毎月A日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。