地方自治体財務総覧 定期購読・最新号・バックナンバー

地方自治体財務総覧の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

地方自治体財務総覧雑誌の詳細です。


地方自治体財務総覧の公式サイトへ
本・雑誌 地方自治体財務総覧
本・雑誌内容 ■全都道府県・東京23区・全市合計856自治体のうち、2011年3月末までに各自治体のHPで、2008年度または2009年度の財務4表(貸借対照表・行政コスト計算書・純資産変動計算書・資金収支計算書)を一部項目でも公表している745自治体の財務諸表を収録。■総務省方式改訂モデル(普通会計・連結)・基準モデル(単体・連結)などで分類、1自治体1ページで財務諸表約60項目に加え、健全化判断比率の諸比率なども掲載。現金主義の地方財政に加え、「公会計」で自治体の財務状況がより明瞭になります。
本・雑誌内容詳細 目次

掲載756自治体共通項目
都道府県名、都市名(都道府県の場合は都道府県名)、都市コード、面積、議長報酬、議員平均報酬、知事市長報酬、全職種(職員数、給与)、一般行政職(職員数、給与、平均年齢)

人口(住民基本台帳)、歳入総額、歳出総額、実質収支、経常収支比率、財政力指数、健全化判断比率(実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率)、地方債現在高、債務負担行為額、積立金現在高(合計、財政調整基金、減債基金、その他特定目的基金)

モデル・方式毎の掲載項目一覧
独自モデルに収録された財務諸表項目は、それぞれの自治体毎独自で掲載。なお、国の財務諸表も掲載。

●改訂モデル (普通会計と連結)に収録 ※サンプルデータ参照
貸借対照表
資産合計、公共資産合計、有形固定資産合計、有形固定資産合計(生活インフラ・国土保全、教育、福祉、環境衛生、産業振興、消防<県は警察>、総務)、投資等合計、流動資産合計、歳計現金/連結は資金、負債合計、固定負債合計、流動負債合計、地方債・借入金、純資産合計、公共資産等整備国県補助金等、公共資産等整備一般財源等

行政コスト計算書
経常行政コスト、経常行政コスト(人コスト小計、物コスト小計、移転支出的コスト小計、その他コスト小計)、経常行政コスト(生活インフラ・国土保全、教育、福祉、環境衛生、産業振興、消防<県は警察>、総務)、経常収益、純経常行政コスト、純経常行政コスト(生活インフラ・国土保全、教育、福祉、環境衛生、産業振興、消防<県は警察>、総務)

純資産変動計算書
期首純資産残高、純経常行政コスト、財源調達、一般財源、地方税、地方交付税、補助金等受入、財源調達以外の変動、純資産増減、期末純資産残高

資金収支計算書
経常的収支額、支出合計、収入合計、公共資産整備収支額、支出合計、収入合計、投資・財務的収支額、支出合計、収入合計、歳計現金(資金)期首残高、歳計現金(資金)増減、歳計現金(資金)期末残高

指標
1人当り資産、1人当り経常行政コスト

●基準モデル (単体と連結)に収録 ※サンプルデータ参照
貸借対照表
資産合計、金融資産、資金、金融資産(資金を除く)、非金融資産、事業用資産、有形固定資産、無形固定資産、棚卸資産、インフラ資産、繰延資産、負債合計、流動負債、非流動負債、公債・借入金、純資産合計、財源、資産形成充当財源

行政コスト計算書
経常費用合計(総行政コスト)、経常業務費用、経常業務費用(人件費、物件費、経費、業務関連費用)、移転支出、経常収益合計、業務収益、業務関連収益、少数株主損益、純経常費用(純行政コスト)

純資産変動計算書
前期末純資産残高、財源変動の部、財源の使途、財源の使途(純経常費用への措置、固定資産形成への措置、長期金融資産形成への措置、その他の財源の使途)、財源の調達、財源の調達(税収、社会保険料、移転収入、その他の財源の調達)、資産形成充当財源変動の部、資産形成充当財源変動の部(固定資産の変動、長期金融資産の変動、評価・換算差額等の変動)、少数株主持分変動の部、その他の純資産変動の部、純資産増減、当期末純資産残高

資金収支計算書
経常的収支、支出合計、収入合計、資本的収支、支出合計、収入合計、基礎的財政収支、財務的収支、支出合計、収入合計、期首資金収支額、資金増減、期末資金収支額

指標
1人当り資産、1人当り総行政コスト

●基準モデル・改訂モデル類似要約版 (単体と連結)に収録
 基準モデルだが、要約版形式で公表されており、かつ、貸借対照表が改訂モデル類似の場合
貸借対照表
資産合計、公共資産合計、事業用資産、インフラ資産、投資等合計、流動資産合計、資金、負債合計、固定負債合計、流動負債合計、地方債、純資産合計

行政コスト計算書
経常行政コスト、経常行政コスト(人コスト小計、物コスト小計、移転支出的コスト小計、その他コスト小計)、経常収益、純経常行政コスト

純資産変動計算書
期首純資産残高、純経常行政コスト、財源調達、地方税、地方交付税、社会保険料、補助金等受入・移転収入、財源調達以外の変動、純資産増減、期末純資産残高

資金収支計算書
経常的収支額、支出合計、収入合計、公共資産整備収支額、支出合計、収入合計、投資・財務的収支額、支出合計、収入合計、歳計現金(資金)期首残高、歳計現金(資金)増減、歳計現金(資金)期末残高

指標
1人当り資産、1人当り経常行政コスト

●統一基準モデル (普通会計と連結)に収録
貸借対照表
資産合計、固定資産合計、有形固定資産合計(事業用資産、インフラ資産)、無形固定資産、投資その他の資産(投資及び出資金)、流動資産合計(現金預金)、負債合計、固定負債合計(地方債)、流動負債合計(一年以内償還予定地方債)、純資産合計、負債及び純資産合計

行政コスト計算書
経常行政コスト、経常費用、業務費用(人件費、物件費、その他の業務費用)、移転費用(補助金等、社会保障給付、その他)、経常収益、臨時損失、臨時利益、純行政コスト

純資産変動計算書
純行政コスト、財源(税収等、国県等補助金)、本年度差額、その他、本年度純資産変動額、前年度末純資産残高、本年度末純資産残高

キャッシュ・フロー計算書
業務活動収支(業務支出、業務収入)、投資活動収支(投資活動支出、投資活動収入)、財務活動収支(財務活動支出、財務活動収入)、本年度資金収支額、前年度末資金残高、本年度末資金残高、本年度末歳計外現金残高、本年度末現金預金残高

指標
1人当り資産、1人当り行政コスト
プロダクトNo 1281692125
出版社 東洋経済新報社
発売日 6月の31日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。