Heart(循環器ナーシング) 定期購読・最新号・バックナンバー

Heart(循環器ナーシング)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Heart(循環器ナーシング)雑誌の詳細です。


Heart(循環器ナーシング)の公式サイトへ
本・雑誌 Heart(循環器ナーシング)
本・雑誌内容 「HEART」は循環器看護に携わるナースとコメディカルのための月刊誌です。臨床で必要な知識・技術について、基礎から実践、最新の知見までバッチリ網羅。短時間でポイントをつかめるよう、全ページカラーでイラスト・写真を豊富に掲載。頑張るハートナース・コメディカルを徹底サポートします!
本・雑誌内容詳細 【特集】ナースがおさえておきたい 心不全患者さんの栄養管理
企画編集/中屋 豊

〈特集にあたって〉
 今回のテーマは「心不全の栄養管理」です。高齢化社会になり,心不全の患者は増加してきています。重症の心不全では栄養状態が悪くなる患者が多く,また栄養状態の悪化により心機能の低下も進んでいきます。このように栄養と心不全は密接な関連があり,心不全の栄養状態を維持あるいは改善させることは心不全の予後にも影響します。心不全の患者は悪化を繰り返し,また入院を繰り返すごとに心機能は悪化し,最終的には不幸な転機をとることも少なくありません。心不全の悪化因子としての栄養(塩分の取りすぎ,過食)は非常に重要です。さらに,心不全の管理は,栄養のみならず,服薬,リハビリなど多岐にわたるため,多職種による包括的な管理が必要です。看護師も重要な役割があり,病態および治療を理解し,栄養に関しても栄養評価,栄養補給なども理解する必要があります。経腸栄養は静脈栄養より有利な点が多いことはよく知られていますが,心不全の重症例では,難しい例も少なくなく,重篤な合併症を起こす可能性もあります。このような例をうまく管理することこそ,プロフェッショナルとして求められています。
 この特集号では,心不全の栄養管理について要点を網羅すべく,各分野の専門家に執筆を依頼しました。心不全の栄養についての正確な知識を身に着けるためにも,熟読していただければ幸いです。

中屋 豊
(徳島大学 名誉教授,徳島大学大学院 医歯薬学研究部 代謝栄養 客員教授)

〈目次〉
1章 ナースがおさえておきたい栄養の基礎知識:心不全患者さんの栄養評価~看護の場で生かす~
2章 ナースがおさえておきたい栄養の基礎知識:心不全患者さんの栄養補給
3章 慢性心不全患者さんの栄養管理
4章 重症心不全患者さんの栄養管理
5章 ナースが行う栄養指導のポイント
6章 事例1:在宅療養に移行した高齢の慢性心不全患者さんの場合
7章 事例2:デバイス感染症を繰り返す重症心不全患者さんの場合

【連載】
◆循環器ナースのためのカテーテル講座~指導する側・される側Win/Winカテ室看護~
 第10回 PCIの合併症について知ろう
プロダクトNo 1281692122
出版社 医学出版
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。