棲(すみか) 別冊 建築は生きている―吉村順三建築のいま 定期購読・最新号・バックナンバー

棲(すみか) 別冊 建築は生きている―吉村順三建築のいまの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

棲(すみか) 別冊 建築は生きている―吉村順三建築のいま雑誌の詳細です。


棲(すみか) 別冊 建築は生きている―吉村順三建築のいまの公式サイトへ
本・雑誌 棲(すみか) 別冊 建築は生きている―吉村順三建築のいま
本・雑誌内容 「住まいの達人」と称される建築家、吉村順三(1908~1997)小さな住宅から音楽堂、皇居新宮殿まで、建築の規模、用途にかかわらず住まう人、使う人の居心地の良さを求めたという吉村さんの建築は、いまも、生きている。◆建築は、愛されなければ残らない。◆建築は、そこに誇りがなければ残らない。◆建築は、人がいなければ残らない。吉村建築のいまの姿をありのまま、たっぷりと紹介します。(撮影:木村一成)
本・雑誌内容詳細 収録建築
 ・吉村山荘「小さな森の家」
 ・愛知県立芸術大学
 ・八ヶ岳高原音楽堂
 ・竹早山荘
 ・南台の家(吉村自邸)




特別インタビュー
吉村多喜子、隆子
「心地よい住まい」を求め続けた吉村建築の原点

プロダクトNo 1281692111
出版社 自由空間
発売日 毎月A日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。