外交 定期購読・最新号・バックナンバー

外交の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

外交雑誌の詳細です。


外交の公式サイトへ
本・雑誌 外交
本・雑誌内容 かつての「世界第二位の経済大国」日本は、いま大きな試練に立ち向かっています。長く続くデフレ経済、止まらない少子高齢化、不安定な政治情勢、そして2011年3月11日の東日本大震災。そんな難問を前にした今こそ、私たちは「世界」に目を向けたい。日本再生のシナリオは、内向きの視線からは生まれません。国際社会と結びついた「新しい日本像」を構築するために、誠実かつ大胆な議論が飛び交う言論空間――それが「外交」です。ぜひご一読下さい。
本・雑誌内容詳細 【巻頭言】
 「地政学的知性を研ぎ澄ます」
   船橋洋一(元朝日新聞主筆、日本再建イニシアティブ理事長)

【巻頭論文】
  「豪州が日本のために対中関係を犠牲にすることはない」
   ヒュー・ホワイト(オーストラリア国立大学教授、元豪国防副次官)

【特集】価値観への「殉教」
    神中心主義イスラム対欧米民主主義

「『アラブの春』後―北アフリカのテロリスト事情」
 タレク・ムラド(在チュニジア・ジャーナリスト)

「フランスを支える共和国原理を解析する」
 鹿島茂(明治大学教授)

「米国における自由と平等の理念─その可能性と限界」
  渡辺靖(慶應義塾大学教授・本誌編集委員)

「危機に立つフランス─国内と国外、二つのテロ戦争」
 池村俊郎(帝京大学教授・本誌編集委員)

「移民の視点から―シャルリー・エブド襲撃事件をどう見るか」
 森千香子(一橋大学准教授)

「インタビュー:ポスト『戦後秩序』に向かう世界」(下)
 山内昌之(東京大学名誉教授、明治大学特任教授、フジテレビ顧問)


【特別企画 戦後70年】
「私にとっての戦後史の『瞬間』」
 福田康夫(元首相)栗山尚一(元駐米大使)関口宏道(松蔭大学教授) 
 橋本五郎(読売新聞特別編集委員)若宮啓文(元朝日新聞主筆)


【Viewpoints】
「宇宙、サイバーにおける安全保障」秋田浩之(日経新聞編集委員)
「習近平政権と人権」阿古智子 (東京大学准教授・本誌編集委員)
「『イスラム国』の狙い」宮家邦彦 (キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)

【提言】
 「テロに屈してはいけない」平林博(元駐インド大使)

【一点視界】
「昭和天皇訪米への道」(下)舟橋正真(日本学術振興会特別研究員)
「契丹の最後の拠点―草原を守る最後の砦」阿南ヴァージニア史代(歴史家、作家)
プロダクトNo 1281692037
出版社 時事通信出版局
発売日 毎奇月30日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。