中古ビジネスデータブック 定期購読・最新号・バックナンバー

中古ビジネスデータブックの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

中古ビジネスデータブック雑誌の詳細です。


中古ビジネスデータブックの公式サイトへ
本・雑誌 中古ビジネスデータブック
本・雑誌内容 消費が落ち込んでいる今、中古ビジネスへの注目が高まっています。しかし、これまで中古市場を分析・解説したレポートはありませんでした。リサイクル通信は唯一の業界専門誌として、リユース市場の実態を把握できるデータブックを作製しました。業態別の分析や、マーケットリーダー達が語る今後の予測、新たなステージで生き残るためのキーワードなどを盛り込み、拡大するリユース市場を展望しています。
本・雑誌内容詳細 目次

中古ビジネスデータブック2014

発刊にあたり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・04

【01】市場動向 Market Trend・・・・・・・・・・・・・・・・・05

 ■リユース市場の現状を分析
 消費者向けリユース市場規模は1兆3600億円
 店舗購入の市場規模は全体の48.1%
 商品別の有力企業シェア率
 海外中古市場
 消費者意識と購買行動
 ・若者世代は“売却”を前提とした購買スタイルが浸透
 ・未使用品・新古品の購入割合は3割
 ・古本、古着、中古メディアは1000万人以上の購入者
 ・玩具、ケータイ、パソコンはネットオークションが有力販路
 ・ゲーム機やケータイはネットより店頭の方が購入単価高い
 ■リユース企業経営指標分析 
 (ROA・ROE・自己資本比率・中古売上高成長率・売上高成長率・売上総利益率
  営業利益率・棚卸資産回転率・交叉比率・売上高広告宣伝費率・店舗数・平均年間給与・平均勤続年数・平均年齢・パート/従業員)
■リユース店・質屋事業者数

【02】事業者動向 Player・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・19

 ■中古ビジネス売上ランキングBEST100
 売上ランキング分析
 ■業態別売上ランキング
 ・チェーン中古売上高
・総合リサイクル
・メディア
・ブランド品・宝飾・時計
・古着
・PC・携帯電話

【03】大手企業  Leading Company・・・・・・・・・・・・・27

  ■リユース大手企業17社の経営指標推移を分析
  ゲオホールディングス 新業態「スーパーセカンドストリート」を出店
  ブックオフコーポレーション ブックオフ事業をテコ入れ。値付けや品揃えが変わる!?
  コメ兵  訪日外国人増で免税売上が前年対比243%
  バイク王&カンパニー “買い替え層”の需要取り込み狙い小売強化
  ワンダーコーポレーション 総合リユース業態「Wonder REX」が上期8.7%増
  テイツー  トレカ業態「トレカパーク」の導入を推進
  カワシマ・ゴールド 貴金属減を再生ジュエリー・リフォームでカバー
  ハードオフコーポレーション 菓子や缶詰などの食品と酒類を本格展開
  まんだらけ 海外販売を強化、3500坪の通販施設を計画
  トレジャー・ファクトリー 低価格古着業態「ユーズレット」オープン
  シュッピン 中古カメラ大手の「マップカメラ」を展開
  買取王国 関西でのドミナント出店を強化
  ありがとうサービス 中四国、九州でブックオフ、ハードオフを展開
  ゴルフ・ドゥ 新品ゴルフ店20店展開する加賀スポーツがFC加盟
  ワットマン 神奈川に500坪の新店を出店
  パシフィックネット ウインドウズXPサポート終了特需で2ケタ増収の見込み
  テンポスバスターズ 中古買取り減、今後は2倍に引き上げる
  ■大手企業の読み方

【04】市場展望  Top Interview・・・・・・・・・・・・・・・63

■総合リユースマーケット展望
 ブックオフコーポレーション 松下展千 社長
 「10%の人が動けば1.2兆円が3000億円拡大」

■貴金属・中古ブランドマーケット展望
 エコリング  桑田一成 社長
 「アジアを内需と捉えると成長につなげられる」

■古着マーケット展望
 ドンドンアップ 岡本昭史 社長
 「不要衣料・回収BOX・古着店に持っていく習慣に」

■中古輸出マーケット展望
 浜屋 小林茂 社長
 「大きな売り先なくなり、40ヵ国に分散」

【05】古物市場  BtoB Auction・・・・・・・・・・・・・・・・75

道具・ブランド市からネットまで全国の古物市場の145箇所を紹介
プロダクトNo 1281691994
出版社 リフォーム産業新聞社
発売日 毎月A日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。