地域保健 定期購読・最新号・バックナンバー

地域保健の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

地域保健雑誌の詳細です。


地域保健の公式サイトへ
本・雑誌 地域保健
本・雑誌内容 保健師さんなど地域で活動されている方を中心に読まれている雑誌で、明日からの活動に役立つ実践内容を豊富に盛り込んでいます。保健師の伝統を大切にするとともに、保健師活動に活用できる最新の方法論や技法を大胆に紹介。全国各地のユニークな活動を取り上げ、全国の仲間の良い刺激になっています。
本・雑誌内容詳細 年月号:2018年1月号
巻号:第49巻1号

========================================
新春座談会は2本を掲載。1つは「精神障害にも対応した地域包括ケアシステム」への
保健師の関わり方がテーマ。もう1つは、11月号に続く第三期の特定健診・保健指導の
第二弾で、アウトソーシングの話が中心。

■新春座談会1 精神障害にも対応した地域包括ケアシステムに保健師はどう関わるか

「精神障害にも対応した地域包括ケアシステム」では精神保健福祉士が前面に出て
保健師の動きが見えにくく、地域移行の話題が中心になっている印象がある。本来の
地域包括ケアはどうあるべきか、保健師はどのように関わるかをテーマに議論する。

【出席者】
中板育美氏(日本看護協会)=司会
長野敏弘氏(御荘診療所、ハートinハートなんぐん市場)
浅沼奈美氏(杏林大学保健学部)
高桑友美氏(岡山県保健福祉部健康推進課)


■新春座談会2 第三期の特定健診・保健指導に備える PART・2

第三期の特定健診・特定保健指導に向けた座談会の第二弾。
前号(11月号)では、特定保健指導の実施率が高く、
特定健診・保健指導を直営で行っている自治体に焦点を当てた。
今月号では、アウトソーシングをうまく活用して効果を出している自治体に着目する。

【出席者】
加藤典子氏(厚生労働省健康局健康課保健指導室)=司会
津下一代氏(あいち健康の森健康科学総合センター)
藤田あけみ氏(袋井市健康づくり課) 
石黒美佳子氏(蒲郡市市民福祉部健康推進課)

--------------------------------------------------------------------------------

◆ひよこ、ホップ、ステップ、ジャンプ!
・塚本加奈子さん(茨城県土浦保健所 健康増進課)

◆ピープル
・安部敏樹さん(一般社団法人リディラバ代表理事)

◆レポート
・第1回小児・AYA世代のがん医療・支援のあり方に関する検討会

◆ニュース
・平成29年度 保健師活動領域調査(領域調査)

◆理解して生かす保健師用語
・第22回 リスクコミュニケーション

◆保健師のセルフケアに役立つ自然療法
・第5回 足のむくみに対する自然療法でのケア
今 知美

◆ESSAY国際保健
・第23回 公衆衛生と倫理と月光仮面
松田正己

◆保健師とは
・第5回 未知の未来へのチャレンジを
佐々木亮平、岩室紳也

◆笑う門には福来る
・第5回 日常の中に笑いを取り入れる方法〈その2〉
医療や福祉で実際に取り入れられる笑い
大道芸人たっきゅうさん

◆保健師のための閑話ケア
・第74回 「イヌ」の話
藤本裕明

◆中臣さんの 環境衛生ウオッチング
・第59回 九州北部豪雨・3カ月後の居住環境
中臣昌広

◆いまどき子育てアドバイス
・第233回 ゆっくり大人になればいい(5) 子どもの行動の「大丈夫かしら?」④
逆さバイバイと偏食
中川信子

◆情報BOX
BOOK
Information


========================================
プロダクトNo 1281691920
出版社 東京法規出版
発売日 毎奇月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。