週刊粧業 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊粧業の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊粧業雑誌の詳細です。


週刊粧業の公式サイトへ
本・雑誌 週刊粧業
本・雑誌内容 1年間トータルで読み続けることで、化粧品業界の全般的な知識が身につきます。また、出荷実績や新製品発売動向、業態別販売推移のほか、化粧品メーカー売上高上位30社ランキング、消費者アンケート調査などのデータが豊富です。さらに、業界を取り巻く諸規制の変化や消費者動向、流行の新素材など業界人ならば必須と思われる内容についても詳しく、わかりやすく報道しております。
本・雑誌内容詳細 ■特集/韓国化粧品
掲載企業/オールザットコリア・ジャパン、ミシャジャパン、ヒューマンリンク、銀座ステファニー化粧品、フードコスメ、DOOWON
■コーセー・小林社長、2017年上期の概況について説明~全セグメント、全地域が前年超え、ハイプレステージが牽引
◎中国の生産子会社を日本コルマーHDに譲渡
◎ハイプレステージは主軸が軒並み好調で23%の増収
◎アジア・北米が2ケタの増収
■日東電化工業、「OSAJI(オサジ)」で拡大へギア~社歴77年の金属加工業者が化粧品で開花の胎動掴む
◎100年企業になるために、化粧品事業を立ち上げ
◎化粧品業は努力次第で拡張が可能、将来的な分社化も検討
◎数年後に当面の売上目標を達成、売上最上位カテゴリーは通販に
■資生堂、米国ベンチャー企業「ギアラン」を買収~AIを応用したパーソナライゼーション技術を取得
■マンダム、第2四半期は増収増益、主要ブランドが好調
◎女性コスメティックが30%伸長、下期は新製品・新TVCMで攻勢
■榎戸淳一のエステサロン経営地域一番店への道(vol.89)~サロンイベントの活用
■カネボウ、「CHICCA」10周年に込めた想い
■ヴェルジェ、創立30周年式典を開催~18年秋、栃木県内に自社工場を新設
■化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室(vol.27)~日本文化・外国文化のブランドイメージへの活用法(執筆者:フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士 高橋伸也)
■小売ナビ/上野PARCO-ya〈東京・台東区〉~古参パルコが新境地へと刻む一歩、新しさと懐かしさの融合を求めて
■特集/我が社のCRM戦略
掲載企業/ファンケル、さくらフォレスト、レイナチュラル、生活の木、イヌイ
■花王第3四半期決算、増収増益~日本とアジアのサニタリー、ケミカルが伸長
■クラシエHD、新社長に岩倉昌弘氏~来年1月1日付で昇格、現社長の石橋氏は副会長に
■ポーラ・オルビスHD第3四半期決算、2ケタ増収増益
■ジョンソン&ジョンソン第3四半期、増収減益~調剤好調も荒利益率、経費率悪化
■エスティローダー第1四半期、2ケタの増収増益~全てのカテゴリーと地域で業績が好調
■花王、紫外線防止効果の新評価法を開発
■マナプラス、マクロビオティックから着想得た「玄華」発売
■アドバンジェン、銀座にヘア&スカルプケア直営店
■ホーユー、シエロデザイニングカラーのイベントに山田優登場
■ENJOY JAPAN、「モアリップ」で店頭販促
■ヒット商品 母子手帳/第174回 イヌイ「養麗潤」~世にないなら「作ろう」が出発点
■PARCO-yaと松坂屋上野店に大人が集う化粧品売場
■@cosmeと東急ハンズ、パーソナルカラー診断コーナーを展開
■伊勢半本店、香粧品の近代化を継承で業界に貢献
■ライオン藤重相談役、旭日中綬章を受章
■ザ・ボイス/日東電化工業 常務取締役 茂田正和氏~信念は「お客様に寄り添ったモノづくり」
プロダクトNo 1281691852
出版社 週刊粧業
発売日 毎週月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。