正論特別号CD版 -昭和史原点の目撃者 迫水久常の証言- 定期購読・最新号・バックナンバー

正論特別号CD版 -昭和史原点の目撃者 迫水久常の証言-の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

正論特別号CD版 -昭和史原点の目撃者 迫水久常の証言-雑誌の詳細です。


正論特別号CD版 -昭和史原点の目撃者 迫水久常の証言-の公式サイトへ
本・雑誌 正論特別号CD版 -昭和史原点の目撃者 迫水久常の証言-
本・雑誌内容 平成の世も23年となり、「昭和は遠くなりにけり」との感がますます強くなってきました。気がかりなのは日本人が急速に国家意識を失い始めていることです。父祖たちが血と汗と涙を流してこの国を守り抜き、次の世代に手渡してきたことを私たちは忘却しているように思えてなりません。この度、二・二六事件の只中で機転をきかせて、岳父である岡田啓介首相を無事に首相官邸から救出し、さらには終戦を決めた御前会議に内閣書記官長として陪席 し、その一部始終を目撃した迫水久常氏の証言をCDに収録。当事者以外には語りえない貴重な証言を、この機会にひとりでも多くの日本人に聞いてもらいたいと考えております。
本・雑誌内容詳細 1.終戦詔書(玉音放送)

2.終戦詔書(奉読)

3.内閣告諭(奉読)

4.終戦御前会議(迫水久常証言)

5.阿南陸軍大臣の心境(迫水久常証言)

6.二・二六事件(迫水久常証言)

プロダクトNo 1281691850
出版社 産経新聞社
発売日 毎月A日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。