INFOVETS(インフォベッツ) 定期購読・最新号・バックナンバー

INFOVETS(インフォベッツ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

INFOVETS(インフォベッツ)雑誌の詳細です。


INFOVETS(インフォベッツ)の公式サイトへ
本・雑誌 INFOVETS(インフォベッツ)
本・雑誌内容 小動物臨床は日々高度化、多様化していると共に社会における存在の重要性も以前とは比べものにならないほど増しています。これらのニーズに対応したコンテンツを掲載していますが、なかでも特集は、小動物臨床に直結したテーマを毎号取り上げているため、情報のアップデートばかりでなく、医局の保存資料としても活用いただけます。
本・雑誌内容詳細 <特集>動注化学療法

「動注化学療法」とは、 “経動脈的に腫瘍へ効率的に薬剤を分布させることによって、より高い抗腫瘍効果を得ることを目的とした局所化学療法”である。本特集では、悪性の挙動を示し、外科療法、放射線療法および通常の投与方法による化学療法での根治が難しい小動物の症例において「動注化学療法」を実施した臨床例を提示し、その使用薬剤と方法等の実施手技と治療成績を紹介する。

▼動注化学療法(リザーバー動注療法)とは…伊藤 博
▼動注化学療法の実施手技と適応症例…小林正行
▼犬と猫の頭頸部悪性腫瘍に対する動注化学療法…日高勇一
▼動注化学療法およびIVR(interventional radiology)の肝臓/膀胱腫瘍への応用…井上理人

現場レポート

▼災害時における動物医療~3・11からの3カ月間を振り返る~…島村麻子

Clinical Report

▼最新のがん治療法―光線温熱療法および自家がんワクチン療法―…岡本芳晴

連載

▼眼科臨床病理ケースレポート6 眼球摘出を実施した猫の眼性黒色腫の1例…坂本有里、印牧信行、中野康弘、楢崎陽香、南 毅生
▼獣医外科学 整形外科の基礎と臨床Vol.41 スコティッシュ・フォールドの骨軟骨異形成症…高木 哲、奥村正裕
▼麻酔/ 疼痛コントロール RGH-VTH 麻酔科 Case Report 28 ハイリスク症例の麻酔管理3:重度の貧血を呈した脾臓組織球性肉腫の治療を目的として脾臓摘出術を実施した犬の麻酔管理の1例…山下和人
▼ドクター・新井の知的刺激剤2 現代有機合成化学の傑作―Halaven(ハラヴェン)…新井 賢
▼犬・猫の呼吸器科 第7回 上気道閉塞性疾患 3鼻咽頭狭窄…城下幸仁
▼泌尿器系疾患を新たな視点で8 膀胱腫瘍2 一歩進んだ診断法-膀胱鏡検査-…鯉江 洋
▼海外の小動物獣医師事情 from UK どの非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAID)を選ぶべきか…秦 敦朗

NEWS & INFORMATION
プロダクトNo 1281691840
出版社 アニマル・メディア社
発売日 毎奇月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。