日経サイエンス別冊175 宇宙大航海 定期購読・最新号・バックナンバー

日経サイエンス別冊175 宇宙大航海の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経サイエンス別冊175 宇宙大航海雑誌の詳細です。


日経サイエンス別冊175 宇宙大航海の公式サイトへ
本・雑誌 日経サイエンス別冊175 宇宙大航海
本・雑誌内容 探査機「はやぶさ」が地球に帰還、太陽系大航海時代の幕が開けた。国際宇宙ステーションでは日本人宇宙飛行士の長期滞在が始まっている。天文分野では「すばる」が大活躍、重力波やガンマ線、サブミリ波、ニュートリノなど宇宙の様々な姿を探る装置も動き始めたり、その建設が進んでいる。日本の天文学、太陽系探査、宇宙開発の最前線を紹介する。
本・雑誌内容詳細 ★「飛べ!100年の夢空と宇宙展」チケットを抽選で10名様にプレゼントいたします★
※11/19~12/18までにお申込いただいた方が対象です。

はじめに

第1章 太陽系を旅する 「はやぶさ」60億キロの旅 川口 淳一郎

「はやぶさ」が誕生するまで 川口 淳一郎

「はやぶさ2」にゴーサイン 宇宙航空研究開発機構(協力)
/中島林彦

快走! 宇宙ヨット「イカロス」 森 治(協力)/中島林彦

「あかつき」金星へ 宇宙航空研究開発機構(協力)
/中島林彦

宇宙滞在138日と「きぼう」完成 若田光一(語り)

第2章 すばる望遠鏡の活躍 ファーストライトから10年 「すばる」が明らかにした宇宙 林 正彦

「すばる」が見た渦巻銀河M33 銀河考古学の扉を開く 有本信雄(協力)/中島林彦

「すばる」で迫る暗黒エネルギー 須藤 靖(協力)/中島林彦

第3章 137億年の時空を遡って 世界最大の電波望遠鏡「アルマ」 国立天文台,三菱電機(協力)
/中島林彦

重力波天文台の開発大詰め 東京大学宇宙線研究所(協力)
/中島林彦

カンガルー望遠鏡が拓くガンマ線天文学 東京大学宇宙線研究所(協力)
/中島林彦

ハイパーカミオカンデ構想 東京大学宇宙線研究所(協力)
/中島林彦

総力戦で初期宇宙に迫る 東京大学宇宙線研究所,東京大学数物連携宇宙研究機構(協力)/ 中島林彦

第4章 宇宙と向き合う 隕石探索 南極大陸4000キロ 小島秀康

乗鞍と宇宙 末松芳法(協力)/中島林彦

天文学の巨星 林忠四郎 中島林彦

宇宙誕生の謎に挑む日本のリーダー 村山斉 中島林彦
プロダクトNo 1281691457
出版社 日経サイエンス
発売日 毎月A日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。