食べもの通信 定期購読・最新号・バックナンバー

食べもの通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

食べもの通信雑誌の詳細です。


食べもの通信の公式サイトへ
本・雑誌 食べもの通信
本・雑誌内容 『食べもの通信』では、マスコミでは取り上げられない化学調味料や電磁波の健康影響などの真実の情報を紹介。報道規制が強まっているなかで、一番頼りになる市民派の食情報誌です。薬膳やオーガニックな視点を取り入れた内容も魅力で、レシピも連載。食の安全、健康・栄養、食文化、食教育、食料自給の5つの視点が共感を呼んでいます。家庭栄養研究会編集。
本・雑誌内容詳細  目次
食べもの通信 2018 5月号 No567



□┓    
 ┃ 特集  ここまでわかった がんに負けない食事法
 ┃ やっぱり避けたい糖分と肉食
 ┃     
┗┛━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥☆
■最新情報大腸・肺・前立腺・乳がん増加
禁煙と食事でがんを6割予防
健康増進クリニック院長 水上 治

■がんがすみにくい体にする和田式食事法 七つのポイント
からすま和田クリニック院長 和田洋巳

■がんに負けない体をつくる基本のレシピ
和田屋のごはんは塩分ゼロ、砂糖ゼロ、野菜たっぷり
からすま和田クリニック院長 和田洋巳
料理指導 樫 幸

■ミトコンドリアの活性化でがん縮小・鎮静化
銀座東京クリニック院長 福田一典

■ストレスをためないで免疫力アップ
生活のなかからがん予防
島村トータル・ケア・クリニック理事長 島村善行

■確実な予防になる「子どものがん教育」
家栄研編集委員会

■がん患者が治療と仕事 両立できる社会の実現を
家栄研編集委員会

インタビュー    
コメディアン
松元ヒロさん
笑いは希望を生む―「平和憲法」広げて

●5月の旬
「梅」 薬剤師 橋本紀代子
  
●5月の岩手・釜津田 山里だより(58)
山里家庭菜園考  三上亜希子

●すてきな日本の味30
鶴岡市「遠藤商店」山菜でデトックス
ノンフィクション作家 島村菜津
●伝統の技キラリ!和食器具⑭
富士北麓のスズ竹ザル 
●子どもの食事 おかわりちょうだい!
豆腐入り松風焼き、山ブキ煮ほか
ひまわり保育園
●伝統食料理⑪
香りを楽しむ春野菜 フキの落花生じょうゆほか
日本の伝統食を考える会 西野幸枝
●ワッハッハ談義⑰
シラスはトータル・バランス栄養食
食文化史研究家 永山久夫
●シリーズ食の安全・安心
偏った食生活で増える子どもの味覚異常・味覚障害
家庭栄養研究会顧問 蓮尾隆子
●Dr.古藤のわくわく家庭菜園術②
オクラ作りのコツ
JA糸島・園芸センター「アグリ」店長 古藤俊二
●消費者が知らない食品添加物の話②
食品添加物の歴史―〝開発〟と〝禁止〟の歴史
食品評論家 小薮浩二郎
●体の痛み 自分でできる改善・予防法⑨
かくれ首こり・かくれ肩こり編―軍手ボールでグリグリ体操
お茶の水整形外科院長 銅冶英雄
●どうなってるの? 日本の農業
国連 各国に家族農業への支援促す
食ジャーナリスト 小倉正行 
●放射能から命を守る
自主避難の母 国連人権理事会で訴え
インターネット放送局代表 白石 草
●海外レポート 森と湖の国フィンランド①
大自然が幻想的 白夜と極夜のある国
フリーライター 靴家さちこ
プロダクトNo 1281691445
出版社 食べもの通信社
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。