中医臨床 定期購読・最新号・バックナンバー

中医臨床の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

中医臨床雑誌の詳細です。


中医臨床の公式サイトへ
本・雑誌 中医臨床
本・雑誌内容 『中医臨床』は1980年に日本で唯一の中医学専門誌として産声をあげました。近年,国内外において中国伝統医学に対する再評価が高まりをみせています。西洋医学とは異なる中国伝統医学のもつ人体観・病理観が人々の関心を惹きつけているものと思えます。そのようななかで,『中医臨床』は30年以上にわたり一途に中医学の魅力を紹介し続けてきました。中医学は色あせることなくいっそう輝きを増しています。いつまでも使えるバックナンバー,それが自慢です。
本・雑誌内容詳細 ◆特集/皮膚疾患の中医治療
 リード(編集部)
 インタビュー/日本中医学会会長・平馬直樹先生に聞く/中医皮膚科学の智恵を日本の臨床にどう活かすか(編集部)
 総論/中医皮膚科学の進め方(楊達)
 名老中医の経験/補腎法を用いた難治性皮膚病の治療~禤国維教授の経験より~(欧陽衛権ほか)
 名老中医の経験/紅斑鱗屑性皮膚病の治療~艾儒棣教授の経験より~(彭鑫ほか)

新・方剤学~方剤分類と方意~/第1回/汎用性のある方剤分類とは(加島雅之)
インタビュー/新安医学流派・「張一帖」を継承する李梃先生に聞く/山村に育まれ伝承される民間中医(編集部)
中医診察ナビゲーション◇難治性疾患の弁証論治/活血・散瘀・清熱・養陰による瘀熱傷陰の不眠治療(丁元慶)
杏林春秋/宋以前『傷寒論』考:太陽と少陰の併病(岡田研吉)
杏林春秋/尋常性乾癬に黄連解毒湯加味方が有効だった1症例(長瀬千秋)
医療用漢方エキス剤の中医学的理解とその運用⑨/生薬構成が類似した処方同士を比較する〈7〉―血の病篇―(渡邊善一郎)
『金匱要略』の魅力〈前篇〉/同病異治と異病同治の世界(髙山宏世)
漢方医学と中医学の架け橋/第8回/『古今方彙』講習会(その2)『古今方彙』を読
む―中暑(奈良和彦ほか)
インタビュー/ニッポンの漢方薬局を訪ねる①/漢方マルヘイ薬局・丸山運平先生/繁用される高貴薬とその使い方(猪越英明)
乾くんの中医学手帳「教えて!中薬学」10/生産技術の道地性(石井尊子)
内経入門/第20回/肝の系統ってなに?(斉藤宗則)

漢方薬と鍼灸治療のコラボ/第5回/脾胃病証(後天)に対するコラボレーション(その1)(関口善太)
インタビュー/衢州市中医医院・金瑛教授に聞く/楊継洲の故郷で息づく「楊継洲鍼灸」とその継承(編集部)
仮免鍼灸臨床からの脱皮/その31/「安胎=活血」を検証する/安胎に活血は必要か~血瘀由来の習慣性流産の予防を考える~(近江國宏)

鍼灸百話/第34話/小腸経の病証は何か?(篠原昭二)
日本における中医鍼灸受容の歴史/耳鍼療法の受容について(早川敏弘)
近況雑感/『針灸配穴』(浅川要)

弁証論治トレーニング95/〈産後の両下肢の浮腫〉(呉澤森)
 回答へのコメント(呉澤森・高橋楊子)
 次回出題(高橋楊子)

未病を治す智恵32/朱丹渓の墓(藤田康介)
書籍紹介/『高齢者のための漢方診療』(岩崎鋼・髙山真著,岩田健太郎監修)
プロダクトNo 1281691409
出版社 東洋学術出版社
発売日 3,6,9,12月の20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。