医療事故緊急対応マニュアル 定期購読・最新号・バックナンバー

医療事故緊急対応マニュアルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

医療事故緊急対応マニュアル雑誌の詳細です。


医療事故緊急対応マニュアルの公式サイトへ
本・雑誌 医療事故緊急対応マニュアル
本・雑誌内容
本・雑誌内容詳細 第1章 医療行為とは
  1   危機的状況の発生に備えて
  2   医師の医療行為が傷害罪に問われない理由
  3―1 医療はサービス業 ―医療は第三次産業―
  3―2 医療はサービス業 ―サービスの違い―
  4   医師の説明責任の重みを知る
  5   異状死と届出義務

第2章 医療事故と報道機関・報道記者
  6   緊急時における広報対応
  7   記者が来た!さぁ~どうしよう
  8   報道機関・記者の特性
  9―1 報道機関・記者の実態 ―事実を報道しない記者―
  9―2 報道機関・記者の実態 ―他人の不幸は蜜の味―
  9―3 報道機関・記者の実態 ―スポンサーと記事への影響―
  9―4 報道機関・記者の実態 ―偏った報道と謝罪しない新聞社―
  9―5 報道機関・記者の実態 ―謝罪者をいじめるマスコミ―
  9―6 報道機関・記者の実態 ―遂に知り得た報道の実態―
  9―7 報道機関・記者の実態 ―未成年者なのに実名報道―
  10   よく使用される語句と禁句
  11   報道機関配布用資料 ―プレスリリース―
  12   プライバシーの侵害

第3章 記者会見と記者
  13―1 記者会見 ―記者会見は本当に必要か―
  13―2 記者会見 ―会見決定~会見開始直前まで―
  13―3 記者会見 ―記者会見開始~終了まで―
  13―4 記者会見 ―その他の注意事項―
  13―5 記者会見 ―記者会見の司会進行手順例―
  13―6 記者会見 ―記者会見の悪い例―
  14   想定問答集作成のすすめ
  15   マスコミとの付き合い方
  16―1 マスコミ対応の心得 ―文書による回答対応―
  16―2 マスコミ対応の心得 ―対応の諸ポイント―

第4章 情報の漏洩
  17―1 事故の教訓 ―JR西日本脱線事故の場合―
  17―2 事故の教訓 ―NHK不祥事事件続発の場合―
  17―3 事故の教訓 ―エレベーター死亡事故の場合―
  17―4 事故の教訓 ―岐阜県裏金問題事件の場合―
  17―5 事故の教訓 ―日テレ社長辞任の場合―
  18―1 内部告発 ―社会環境の変化―
  18―2 内部告発 ―3人寄れば漏洩の危機―
  19   公益通報者保護法
  20   個人情報保護法に基づくマスコミへの情報提供
  21   ニード・トゥ・ノウ
  22   医療事故に伴う経済的損失 ―1件の医療事故により生ずる損失―

第5章 医療訴訟
  23   訴訟と和解 ―現状と和解―
  24   訴訟の回避 ―訴訟化の回避―
  25   医療訴訟
  26   被告人の立場
  27   起訴・不起訴の分かれ目

第6章 医師および医療機関の務め
  28   講演会での違和感はなぜなのか
  29   一般市民の意識
  30   職員の不祥事と逮捕
  31   コンプライアンスとCSR
  32   新たなビジネスモデル

第7章 医療の原点
  33   医学教育と製造物責任
  34   医の心

第8章 付 録
  35   知っておくと使えるマスコミ対応語句集
プロダクトNo 1281690813
出版社 産労総合研究所
発売日 毎月A日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。