保健の科学 定期購読・最新号・バックナンバー

保健の科学の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

保健の科学雑誌の詳細です。


保健の科学の公式サイトへ
本・雑誌 保健の科学
本・雑誌内容 調査・統計、科学的見地から、保健(ヘルスケア)の現状や課題を明らかにすることを主旨としています。看護学・保健学・公衆衛生学などに携わる方はもちろん、専門外の方が読んでも理解しやすいように優しい内容で編集することを心がけています。
本・雑誌内容詳細 巻頭のことば:ヘルスリテラシーを大学教育レベルにする…鎌田 尚子(足利工業大学客員教授)
●特集:「予防し・治し・支える」医療・介護に向けての取り組み
・かかりつけ医を中心とした地域包括ケアシステムの構築をめざして…鈴木邦彦(日本医師会)
・時々入院,ほぼ在宅を支える訪問看護の課題…島田珠美(川崎大師訪問看護ステーション)
・まちの保健室の役割…神崎初美(兵庫医療大学)
・かかりつけ薬局の役割…山本信夫(日本薬剤師会)
・訪問リハビリテーションの現状と課題…半田一登(公益社団法人日本理学療法士協会)
・訪問介護の役割…石本淳也(公益社団法人日本介護福祉士会)
・中間施設としての介護老人保健施設の役割り…折茂賢一郎(公益社団法人全国老人保健施設協会)
・地域包括ケアシステムにおける子どもと家族への支援の取り組み…田村正徳(財団法人日本小児在宅医療支援研究会)
・医療・介護の一体的な改革における看護職員の確保と資質の向上…島田陽子(厚生労働省)
◆連載:大人の発達障害
・大人の発達障害とは―診断の混乱を克服するために―…加藤進昌(晴和病院)
◆連載:海外の母子保健や子育て支援から学ぶ
・ジュネーブとバングラデシュでの子育て―先進国と途上国から思うこと―…竹内百重(WHOヴェトナム事務所)
◆調査・研究
・虚弱高齢者の歩行パラメータと身体・認知・精神機能との関連―要支援・軽度要介護高齢者を対象とした研究―…村田 伸(京都橘大学)他
プロダクトNo 1281690777
出版社 杏林書院
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。