indies issue(インディーズ イシュー) 定期購読・最新号・バックナンバー

indies issue(インディーズ イシュー)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

indies issue(インディーズ イシュー)雑誌の詳細です。


indies issue(インディーズ イシュー)の公式サイトへ
本・雑誌 indies issue(インディーズ イシュー)
本・雑誌内容 ライブハウスで活躍しているロックバンドからナイトクラブで注目のアーティストまで、オルタナティブな魅力をもったミュージシャンのインタビュー、特集を隔月で発信。インディーズ流通のコアな作品まで掲載されるディスクレビューも定評があるが、一方でインディーズ出身のメジャー・アーティストも掲載。
本・雑誌内容詳細 表紙 cero

「ソウル/ファンク、R&Bなど本格派のブラック・ミュージックを日本語で展開する『Obscure Ride』、完成!」

バンドのインタビューと3人のソロ・インタビュー、周辺アーティスト作品紹介、

全58ページの特集。


○髙城晶平インタビュー

「日本のポップスはガラパゴス化した進化をしている。そこをもうちょっと何とかできるんじゃないのかなっていうのは、ずっとある」


○荒内佑インタビュー

「ポップスの範疇で何かしら化学反応を起こしてポップスの枠組み自体を広げたい。「これもポップスなんだ」という意識でやっていますね」


○橋本翼インタビュー

「高校生のころからポップスとアンビエント音楽が両方好きだったんですよね。ぼくはもともと宅録派なんです」


「cero周辺アーティスト10選」



■FEATURE


SAKEROCK 

「既存の枠に縛られない自由な発想と表現力をもった唯一無二のインスト・バンド。

それがSAKEROCKだった」 文=小山 守


Serph

「電子音楽とはいえ有機的じゃないとダメだと思うんです。驚きや発見のある音楽、

人工生命みたいな音楽、そういうものを作りたい」


RANKIN TAXI

「歌詞は《エロス》と《ポリティクス》が二大テーマ。楽しむこと、闘うこと、

どっちも欠かせない。どんなに平和な時代でも闘うことはいろいろある」


オシリペンペンズ 

「言葉で遊んでて面白いものが出てきたら、それを聴かせたいっていう感じ。

だからどんな題材でも歌にできる。『バカ』って言われるくらいがいいですね」


うみのて

「ずっとギャンギャンやってるのにバンドもリスナーも疲れてる気がして……

今回はどちらかというと無力感と劣等感、ヤケクソ感がありました」


東京スーパースターズ

「人知れず、白々と夜が明けることをそっと告げる。

私たちのロックミュージック。NEW DAY RISING」


ICHI

「大勢の人の拍手が雨や川の音に聴こえて心地いいのは人間がほとんど水でできているからかもなぁ」


Awesome City Club

「新世代シティ・ポップの旗手、ついにメジャーデビュー。

その洗練されたサウンドと佇まいに迫る──」


Helsinki Lambda Club

「ロックンロール・リバイバルみたいなものを自分たちがそのままやってもカッコつかない。

うまく隙間を行ってるなって」


T.V. not January

「ほっこりとした合唱が想起させるのは日本の古きよき田園風景。

その内側には憎しみと切なさの反骨精神が!?」



■ディスクレビュー 115 タイトル掲載!


■連載


「何にもしないで生きてらんねぇ」ECD


「あの世とこの世」原昌和(ザ・バンド・アパート)


「issue騒ぎ」(レスザンTV) 

  ○インタビュー 

ニーハオ!

Limited Express(has gone?)×Have A Nice Day!

COSMIC NEUROSE

  ○『DIARY OF THREE AMIGOS』=VOGOS黒川、碧衣スイミング、柿沼実    


「新しいニッポンのラップ」磯部涼

KOHH(後編)


「A CUP OF JOE」COTTON DOPE(WDsounds)

インタビュー=DJ HIGHSCHOOL、MASS-HOLE、C.O.S.A.、SOLDIER


■DLサンプラー トラックリスト

1Serph/skyrim 

2笹口騒音ハーモニカ/21st CENTURY SOUNDTRACK(デモ)

3ICHI/Go Gagambo

4Heisinki Lambda Club/Lost in the Supermarket

5ニーハオ!/Always Half

6COSMIC NEUROSE/JUST A FUCKER

7Detrytus/Stage Of The Masses

8池間由布子/拝啓、朝

9燻裕理/やっぱり

10折坂悠太/角部屋

11RANGSTEEN/THE END

12左右/ばれている

13その他の短編ズ/ワルツ
プロダクトNo 1281690714
出版社 ビスケット
発売日 1,4,7,10月の30日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。