機械工具ハンドブック<自動車機械工具企業要覧>整備の現場から…!? 定期購読・最新号・バックナンバー

機械工具ハンドブック<自動車機械工具企業要覧>整備の現場から…!? の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

機械工具ハンドブック<自動車機械工具企業要覧>整備の現場から…!? 雑誌の詳細です。


機械工具ハンドブック<自動車機械工具企業要覧>整備の現場から…!? の公式サイトへ
本・雑誌 機械工具ハンドブック<自動車機械工具企業要覧>整備の現場から…!?
本・雑誌内容 自動車離れ、後継者不足、経営不振、廃業と整備市場は工場経営の基盤が揺らいでいる。こんな時代だからこそ、まず何をやるべきなのか、この一冊から、それが見えてくる。 当社のベテラン記者が生の声を直接リポート!あなたは、どうしますか?
本・雑誌内容詳細 自動車整備市場の動向①
総整備売上高は5兆5133億円で横這い
事故整備が2年連続減、兼業が好調

自動車整備市場の動向②
車検整備売上高は2年連続の増加
2年車検は微減も1年車検が好調維持

自動車整備市場の動向③
車検台数は0.4%減で4年連続の減少
認証工場とユーザー車検の退潮が鮮明に

自動車整備市場の動向④
車検単価は3年連続で上昇!
「1年車検」が10万円超で過去最高に

自動車整備市場の動向⑤
専業の売上高の減少率が全体を上回る
小規模工場から大規模工場まで苦戦

自動車整備市場の動向⑥
保有減少により車検台数は緩やかに減少
長期使用車と次世代車への対応が急務

整備工場の勝ち残り戦略
近藤自動車工業
「トータルカーサービス」を展開!
新規事業としてEVバスを製造・販売

フジカーランド上田
トータルカーサービスで売上高が増加
2号店を出店しさらに業績をアップへ

アルピコ自工
クリアー25車検を核に車販、板金など
「ワンストップサポート体制」を充実

第十興産
自動車関連サービスを全て提供する
「カーライフ総合サービス業」へ飛躍

河合自動車工業所
「買取保証型クレジット」で車販を強化
「オイルキープ」でサービス品質をPR

大村モータース
「マイカーリース」で個人顧客を拡大!
独自の説明ツールが販売促進に効果発揮

ヤマウチ「ラチェットモンキー」
多彩なウェブ集客戦略と独自のインター
ネット予約システムで車検の増加に成功

カーコンビニ倶楽部
Tポイントによる整備・板金の集客効果
若年層の獲得を目的に全店導入を目指す

ホンダセンター栃木
新規顧客獲得を目的にTポイントを導入
積極的なPRで女性の集客に効果を発揮

ステップネットワーク
個々のお客様に合わせたサービスを提供
利用しやすい環境を整えて集客を図る

セキハツオートワークス
お客様に寄り添うため専門機関による
徹底した接客訓練により入庫層を達成

藤田サービス
知識・技術・設備を備えチューニングで稼ぐ
提案活動を強化し車検台単価を向上へ

オーエム長野
商用車の修理・架装・塗装に特化し
他社にない「技術」で差別化を図る

エヌティオートサービス
整備工場との協業、ディーラーとの提携
輸入車修理事業で「外需」の拡大を図る

データファイル

車体整備工場の勝ち残り戦略

BSサミット事業協同組合
「エクセレント車体整備工場」となり
世界基準の車体整備工場を目指す!

ワカマツ自動車
最先端の板金塗装システムを導入し
車体整備工場のあるべき姿を追求!

ベリーニ
板金塗装の作業効率向上と作業環境改善を
最大限追求したプレパレーションシステム

難問山積みの車体整備業界
未来を切り開くために今すべきこと

伊倉鈑金塗装工業
車体整備工場を支援する会社を設立し
「直需開拓」等のノウハウを全て提供!

「マイスターズ」がDeNAと提携!
Anyca公認修理ブランドが発足

滝沢板金塗装
外注依存から脱却し「直需経営」を志向
お客様に寄り添う姿勢が信用を高める

バスで「錆の腐食」による事故が発生
国土交通省が「点検」を呼びかける

タケモト車体
元通りに復元することが求められる時代
「安全・安心」のための設備投資を実施

企業要覧
プロダクトNo 1281690693
出版社 (株)自動車新聞社
発売日 11月の30日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。