アフターマーケット 定期購読・最新号・バックナンバー

アフターマーケットの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

アフターマーケット雑誌の詳細です。


アフターマーケットの公式サイトへ
本・雑誌 アフターマーケット
本・雑誌内容 自動車(大型含)のアフターマーケット市場、整備、機械工具、車検、点検、部品、用品、このジャンルをトータルにサポート! 動向、市場規模をはじめ、部品商、部販、共販、整備工場、ディーラー、カーメーカー、第2ブランド、リビルト、電装関連とベテランの記者たちが現場より耳寄りな情報を毎月、レポートします。もちろん国土交通省を中心とする自動車関連の国や都道府県からのメッセージも補足し読者の皆様にお伝えしていきます。
本・雑誌内容詳細 トヨタ自動車
新エンジンにマッチする新しいエンジンオイルを発売

新型「ステップワゴン」純正アクセサリー特集
利便性や安全性をより高める純正アクセサリーで
家族の毎日をさらにハッピーに!!さらに快適に!!
ホンダは横開き式のドアを備えた独創的な機構のテールゲート「わくわくゲート」などが好評の「ステップワゴン」をモデルチェンジし、9月29日に発売した。
これに伴い、ホンダアクセスは「HAPPY WGN」をコンセプトに、乗る人みんなが「うれしい」を感じられる純正アクセサリーを多数揃えた。開発責任者の小椋栄治さんと、商品企画担当の三重野祐介さんのお話を交えながら見どころを紹介する。

《好評連載》
21世紀の自動車整備業
点検・整備後の不注意が「車両火災」を引き起こす

《好評連載》
すぐできるインターネット活用術
見込み客が整備工場に入庫しない理由と解決方法

先進車メンテナンス特集
先進安全自動車の普及拡大でいま最も注目される
「エーミング作業」の現状を探る
自動車技術の高度化が急速に進む中にあって、いかに先進自動車のメンテナンスを実施していくかが、整備事業者の大きなテーマとなっている。取り分け、近年は従来にはない「先進安全技術」が搭載されるようになり、その点検・調整を行う「エーミング作業」への対応が重要になってきている。
こうした観点に立ち、今回はトヨタ系ディーラーとSUBARU系ディーラーを取材し、エーミング作業の現状を探った。

《先進車メンテナンス特集1》
東京スバル
事故修理におけるエーミング作業台数は3~4%

《先進車メンテナンス特集2》
東京トヨペット
BP入庫に占めるエーミング作業台数は1%未満

《好評連載》
最強チャネルディーラーの設計図
タカタエアバッグの新たなリコール改修促進策で大混乱

シェフラージャパン
純正品質で補修部品市場の開拓に着手

ネクスタ
「自動車整備総合支援業」への業容変革を推進

タクティー
DJシリコンラバーを2種類ラインナップ

福祉高齢化対策特集
4人に1人以上が「高齢者」という時代を迎えた今
自動車業界・アフターマーケットはどうあるべきか
総務省の推計によると、9月15日現在の日本の総人口は1億2671万人で、前年に比べて21万人減少する一方、65歳以上の高齢者は57万人増加して3514万人となった。これに伴い、総人口に占める高齢者人口の割合は27.7%と過去最高を更新。2025年の「30%」が現実味を増してきた。
本格的な「高齢化社会」を迎え、自動車業界及びアフターマーケットとして、どう取り組んでいくべきか。それが本特集のテーマである。

《福祉高齢化対策特集1》
国際福祉機器展H.C.R.2017
自動車メーカーの展示した福祉車両を紹介!

《福祉高齢化対策特集2》
トヨタ自動車
「サポトヨプラス」の新作を展示

《福祉高齢化対策特集3》
国際福祉機器展で見た後付けカー用品の注目製品

《福祉高齢化対策特集4》
日本福祉車輌協会
福祉車両の利用拡大を目指して新会社を発足!

《福祉高齢化対策特集5》
全国総合福祉車両協議会・新潟県支部
スケールメリットを活かした共同事業を積極展開

《福祉高齢化対策特集6》
カーサービス中部
「福祉車両事業」で地域社会に貢献して信頼を築く

《福祉高齢化対策特集7》
車から降りる顧客とどう付き合うか

《運送事業者の安全・低燃費ニーズにタイヤで貢献1》
大型車用タイヤの市場動向
メンテナンスまで一括受託して最適な使い方を提案

《運送事業者の安全・低燃費ニーズにタイヤで貢献2》
TPMSが普及の兆し
観光バス事業者と運送事業者も熱視線

《運送事業者の安全・低燃費ニーズにタイヤで貢献3》
トラック車用タイヤのメーカーイチオシモデル

テレマティクス保険特集
「テレマティクスサービス」で保険が安くなる!
安全運転能力を向上する商品・サービスが続々登場
あらゆる物が通信でつながる時代にあって、自動車業界でもまた、クルマ側のリアルタイムな情報を使った様々なサービスが生まれている。
テレマティクスを使ったサービスもその一環で、2015年度からフリート向けを中心にはじまった。保険会社は車速やGセンサー、走行距離などの車両情報を通信で取得してドライバーの安全運転能力をその場で診断すると共に、結果をもとに安全運転能力を向上させるアドバイスを行う。これによりドライバーの意識が高まれば事故が減少し、保険料も安く抑えられる。
こうした動きは、2017年度下期から個人向けにも広がろうとしている。保険会社各社の動向を追った。

《保険会社のテレマティクスサービス1》
三井住友海上火災保険
短期間から無料で導入できるテレマティクスサービス

《保険会社のテレマティクスサービス2》
損害保険ジャパン日本興亜
「スマイリングロード」が3万台突破!

《保険会社のテレマティクスサービス3》
あいおいニッセイ同和損害保険
「つながる自動車保険」の利用者数が順調に増加

コネクテッドカー社会の実現が迫る
“つながる車”が新たな価値とビジネスを創出!

《盛り上がるネット通販》
3割のドライバーがインターネットでカー用品を購入
プロダクトNo 1281690690
出版社 (株)自動車新聞社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。