教育家庭新聞 教育マルチメディア号 定期購読・最新号・バックナンバー

教育家庭新聞 教育マルチメディア号の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

教育家庭新聞 教育マルチメディア号雑誌の詳細です。


教育家庭新聞 教育マルチメディア号の公式サイトへ
本・雑誌 教育家庭新聞 教育マルチメディア号
本・雑誌内容 教育委員会情報担当、小中高等学校教員や事務職員、管理職(国立・私立・公立)、大学に向け、教育の情報化の最新情報を中心に、ICTを切り口として各教科に落とし込んだ記事を提供。学校教育予算や各種調査などの最新情報も。学校現場で使いやすい機器やソフトウェアの最新情報や成果を上げている授業事例、行政情報を逐次報道。「教育の情報化に関わる必要なニュースが充実しており、良くまとまっている」と文部科学省をはじめ、学識経験者、現場の先生、情報教育関連団体、企業から好評を得ています
本・雑誌内容詳細 学校における働き方改革
支える学校環境を整える

<2・3面> 教育委員会セミナー報告
教育家庭新聞は「第3回私立公立IT活用セミナー」を7月28日に東京で、「第41回教育委員会対象セミナー」を8月8日に京都で開催した。講演内容を報告する

<4・5面> 教育情報セキュリティ
文部科学省は、学校・教育委員会における「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン(案)」を策定しており、各教育委員会でも本ガイドライン案の内容を視野に入れた整備が始まっている。愛媛県西条市では、本ガイドラインに求められている「校務系、校務情報系」の分離などを既に実現済である

<6・7面> 教員養成×ICT活用
▽児童生徒の「情報活用能力」を育成できる教員の養成に向け、教職大学院や教員養成系大学・学部で新しい取組が始まっている
▽岡山県総合教育センターの教員研修では、新しい課題を意識した研修を各種展開している

<8・9面> ICTで学びを広げる
▽8月3・4日に大阪市内で開催された「第2回関西ICT展」では「関西4主要都市教育長が語る『2020年代に向けた教育の情報化』」を開催した
プロダクトNo 1281690678
出版社 教育家庭新聞社
発売日 第1月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。