IT批評 定期購読・最新号・バックナンバー

IT批評の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

IT批評雑誌の詳細です。


IT批評の公式サイトへ
本・雑誌 IT批評
本・雑誌内容 ITは社会の多くの面を横断して発展している。ビジネスに至ってはほぼすべての業界、すべての職業を横断しています。ITと向き合うことが、時代、社会、そしてビジネスと向き合うことと同義になるはずです。ITの視座によって、時代と社会、ビジネスの本質を対象化できるだろう。そういうコンセプトのもとで、「IT批評」は創刊されました。
本・雑誌内容詳細 第3回配本「IT 批評」vol.02

特集 ソーシャルメディアの銀河系
コミュニティと消費社会の行方、そしてジャスミン革命と震災。
新しいネットワークは何を変えようとしているのか?

【内容紹介】
ソーシャルメディアの拡大と定着は、実社会におけるコミュニケーションのあり方、個人と公共の関係を変えようとしています。今回の東日本大震災によって、その直後からソーシャルメディアは、その功罪をふくめて大きな注目を浴びる結果となりました。本号では、ソーシャルメディアの社会への影響と、波及しうる分野について大局的な視点で捉えています。

【主要目次】
○ソーシャルメディアを論じる前に 鈴木謙介
○音楽業界の変容と技術に翻弄される著作権 荒川祐二
○ソーシャル・ジャーナリズムの可能性  岩上安身
○インターネットに広がるデマのメカニズム 荻上チキ
○ソーシャルメディアの巻きこみと絞り込みがコンテンツ流通を促進する 林 信行
○マルティン・ジャーナリズムの可能性 清家竜介
○ソーシャルメディアとケータイ クロサカタツヤ
○Facebook再上陸以後のソーシャルメディアとマーケティング的活用 オガワカズヒロ
○〈第三のムラ〉として出現したネットコミュニティ 芦崎 治
○SNS企業のビジネスモデル 斉藤 徹
●緊急特集 震災後のマスメディアとインターネット 福原伸治×クロサカタツヤ


【書名】IT批評 2号  【判型】A5判並製200ページ
【定価】952円+税     【発売日】2011年5月20日
【発行発売】眞人堂株式会社 ISBN 978-4-904920-02-2 C0034
▼ Tel.03-5367-0657(担当:桐原)Fax. 03-5367-0656
プロダクトNo 1281690672
出版社 眞人堂
発売日 毎月A日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。