examiner (イグザミナ) 定期購読・最新号・バックナンバー

examiner (イグザミナ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

examiner (イグザミナ)雑誌の詳細です。


examiner (イグザミナ)の公式サイトへ
本・雑誌 examiner (イグザミナ)
本・雑誌内容 イグザミナの創刊は1987年10月号。「タウン情報誌ではない、ジャーナリズムを基調とした月刊総合誌を大阪から」という志で船出した。関西は日本の歴史と文化の発祥の地でありながら、人(個人・法人)、物、情報はいつしか東京に移り、特に出版とりわけ雑誌の世界は中央一極集中といっても過言ではない状況にある。地元関西の情報ですら東京のメディアを通じてしか手に入らないというバカげた現実は、創刊以来何も変わってはいない。いや、情報通信網の爆発的な発達にもかかわらず、その病はひたすら進行していると言える。東京発の情報ばかりが巷に氾濫するなかで、全国区のニュースのような顔をして実は東京という一地域のローカル情報である場合も少なくない。であるにもかかわらず、その情報をありがたく頂いて東京に追随しようとする「地方」はますます均一化していく。必要なのは多面的な視点であって、追従でも対抗でもない。いま日本の社会で起こっていること、人間の行なっていることが、東京という一つの視点だけでわかるはずはないのだから。あらゆる部分に全体性が、独自なものに普遍性が宿る……関西を中心に取材をしながら、そう、イグザミナは決してローカル誌ではない。コンセプトは「人に肉薄し、社会を俯瞰する総合誌」。もちろん、あくまで基本はジャーナリズム。ただし、そのスタイルは、重々しいテーマも、流行を追いかける好奇心も、アカデミックな知識も、マニアックな興味も、現場主義も、高邁な理想も、気楽な息抜きも、本質的な議論も、芸術そして商売も、すべてを同列で楽しもうというもの。しかも、「いかにも」ではないデザインで。
本・雑誌内容詳細 東京一極集中は世界競争で勝つ「解」か?-大阪経済は地盤沈下し、地方も疲弊
プロダクトNo 1281690512
出版社 イグザミナ
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。