ろうさい 定期購読・最新号・バックナンバー

ろうさいの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ろうさい雑誌の詳細です。


ろうさいの公式サイトへ
本・雑誌 ろうさい
本・雑誌内容 働く人をけが、病気から守る労災保険制度は、分かりにくいと思われています。この複雑な労災補償給付制度をはじめ、医学情報、産業保健・労務管理分野、さらには労災判例等の最新情報を時代に即した新たな視点から、「分かりやすく、見やすく、読みやすく」料理して提供します。また、行政機関の最新情報や日頃の疑問をQ&A方式で説明するなど、企業経営者・労務担当者、産業保健スタッフ、労働関係専門家等にとって、きっとお役に立つ内容となっています。
本・雑誌内容詳細 ******* 秋号 VOL.35(2017.10.25発行)*******

【特集】
●産業医制度に係る労働安全衛生規則の改正等について
(厚生労働省安全衛生部労働衛生課産業保健支援室)

【労災保険 誌上講座】 テレビ知っとくコーナー第4弾
●「こんなとき」どうしたらいいの? 第11回   (編集部)
 くも膜下出血の発症が労災保険の給付対象となるのはどのような場合か

【判例講座】
●最新労災判例 第35回
メリット制により保険料増額の認定処分をうけた事業主(使用者)は、当該処分の取消訴訟において、先行の業務災害支給処分の違法性を主張できるか
―医療法人社団X事件・東京地判 平成29・1・31 労経速2309号3頁―
(山口 浩一郎  上智大学名誉教授)

【法律講座】
●精神疾患の労災認定と企業の安全配慮義務-メンタルヘルスの法律問題-第35回
精神障害の労災の業務上認定は労災民事請求(損害賠償)上の業務起因性を推定するか
(安西 愈  安西法律事務所 弁護士)

【医学講座】 
●やさしい疫学
第3回 既存データベースを活用した疫学研究
(山口 直人  東京女子医科大学医学部 衛生学公衆衛生学 教授)

【メンタル相談コーナー】
●あなたの一言が大切・・・・・・心の健康を考える  第19回
(山本 晴義  横浜労災病院 勤労者メンタルヘルスセンター長)

●民事上の損害賠償判例  第15回
複数の飲食店の店長業務に従事していた従業員の死亡について、会社の安全配慮義務違反と代表取締役の責任(会社法429条1項)が認められた事例
―津地裁 平成29・1・30  労働経済判例速報2311号3頁―
(本田 敦子  安西法律事務所 弁護士)

【労務管理講座】 
●今さら聞けない労働時間制度 
第3回 労働時間の管理
(島 麻衣子  島 麻衣子事務所 代表 特定社会保険労務士)

●労災保険Q&A (編集部)
 Q1 内縁関係となって間もなく死亡した労働者の遺族補償は?
 Q2 労災保険で療養中に再び同部位を負傷した場合

●やきもの玉手箱(第7回)
時代を映すやきもの
(大槻 倫子  滋賀県立陶芸の森 専門学芸員)

●行政の窓から (編集部)
・給付基礎日額の最低保償額(自動変更対象額)の改定
・年金・一時金スライド率の改定
・年齢階層別の最低限度額・最高限度額の改定
・平成28年度「過労死等に関する実態把握のための労働・社会面の調査研究事業報告書」を公表
・今年度の「過労死等防止啓発月間」の実施事項を公表
・平成30年度労働基準行政関係予算要求の注目事項
プロダクトNo 1281690294
出版社 労災保険情報センター
発売日 1,4,7,10月の25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。