水産週報 定期購読・最新号・バックナンバー

水産週報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

水産週報雑誌の詳細です。


水産週報の公式サイトへ
本・雑誌 水産週報
本・雑誌内容 50年以上の歴史をもつ「水産週報」は、水産業界の発展を願い、立法、行政、系統団体、漁業会社、流通、さらには漁業資材・機器と幅広い分野の報道、評論、解説を行なっています。
本・雑誌内容詳細 【独見独語】
法律案の立案に必要なこと
 水産庁漁政部漁政課長 栗原 秀忠

構造変化に応じた水産業改革が必要
 長谷成人・新水産庁長官インタビュー

農水大臣に齋藤健副大臣
 安倍改造内閣で山本大臣と交代

「水産日本の復活」へ支援を
 白須会長、岸会長が談話

前年の来遊量は前年上回る
 水産庁がサンマの長期予報発表

「島サミット」で入漁対策を
 かつお・まぐろ対策協議会

秋の新商品発表会
 日本水産 株式会社・株式会社 極洋

「浜プラン」で所得向上 全国で優良事例次々と
 時事通信社 水産部長 川本 大吾

水産業と海洋関連産業の担い手を育てる
 全国水産高等学校長協会 全理事庁 村松 裕史

コラム 複雑な魚食低迷事情

第1四半期は加工食品が増収を牽引
 株式会社 ニチレイ

2年続きの不漁を脱皮できるか今年のサンマ漁!!

豊洲新市場で親子見学愛 都が風評払拭へアピール
 時事通信社 水産部 岡畠 俊典

【ローカル魚 食紀行】福岡県・小倉
 レトロな水上市場で「大學丼」を味わう
  食紀行ライター・上村一真

海外情報(175)
 ①ロシア、十年間のカニ漁業権の入札実施
  技術士(水産部門)山田 俊

中央団体の総会動向④

学校の食教育を斬るシリーズ8
 道州制特区で指定された教科水産調理師養成の経緯と現状
  魚食振興会

人事異動 等

【澪標】人事異動
プロダクトNo 1281690225
出版社 水産社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。