月刊クレスコ 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊クレスコの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊クレスコ雑誌の詳細です。


月刊クレスコの公式サイトへ
本・雑誌 月刊クレスコ
本・雑誌内容 『クレスコ』は、教職員のニーズに応え、教育の課題を読み解き、現場から教育を問う月刊誌です。毎月の特集では、今日の教育課題・教育政策に対する分析や情報、教育実践や全国各地のとりくみなどを紹介しています。教職員・教育研究者をはじめ、広く教育に関心のある市民・保護者にもお読みいただけるように作っています。各界の著名人によるリレーエッセイ「私の出会った先生」や、「世界の教育 世界の子どもたち」「名画に出会う」など、充実した連載も多数収録。教育をもっとよくしたい! という方におすすめの雑誌です。
本・雑誌内容詳細 特集=学校という職場の魅力とは

学校では、上意下達の「改革」が押しつけられるとともに多忙化を強いられ、現状への対応で精一杯との声も聞かれます。
子どもが発した問いを聞き取り考える授業や、学習意欲を引き出す工夫をしたり、教育内容と子どもの生活を関連づけたり、それぞれの子どもの違いを考慮して教えることなどができにくくなっています。
文部科学省は2017年4月、教諭の1日当たりの学内総労働時間が所定内労働時間を大きく上回っていることを教員勤務実態調査の集計結果(速報値)で公表しました。
そして6月に中央教育審議会に改善策の検討を諮問し、現在「学校における働き方改革特別部会」において議論されています。
しかしながら、長時間過密労働の解消につながるかは不透明であり、また教職員のやりがいや働きがいを奪うような「働き方改革」では本末転倒です。
本特集では、学校という職場における働きがいややりがいに密接に関連する、働く場としての学校の魅力を考えるとともに、長時間過密労働の解消をはじめとする、教職員の働き方を改善する視点を考えます。

【総論】学校という職場の魅力とは――困難から希望への展望……久冨善之
【政策提言】教職員の長時間過密労働を解消し、魅力ある職場に……米田雅幸
【小学校】職場教研をやってみた……澤田堂樹
【高校】「家庭」と「仕事」から得られる原動力……井上陽香
【特別支援学校】キラリと光る宝物……武藤素子
【学校事務】学校にいてこそ学校事務職員……堀内裕子
【栄養教諭】学校給食で子どもを笑顔に……澤島博子
【大学生から】子どもたちが生き生きと通える学校で働きたい……上坂晴奈


《私の出会った先生》見えないものを見ているか……清水眞砂子
《やってみよう憲法カフェ!》憲法の人権カタログ……早田由布子
《世界の取材現場から見た日本》気をつけよう、暗い夜道とインターネット空間……金平茂紀
《保護者とのいい関係》妄想性障害が疑われる保護者との関わり その2……楠 凡之
《発達保障を考える》「あそび」の是認……丸山啓史
《栄養教諭のお手軽レシピ》「米粉と豆乳のハニーケーキ」……猪瀬里美
《一冊の本に出会う》自分自身を肯定する力……横山眞佐子
《教育最前線》給食費補助制度に関する全教の調査から……波岡知朗
《子どもたちの生きる世界と向き合う》図書館でのある風景……和久井奈津美
《シリーズ 改訂学習指導要領》改訂学習指導要領 外国語の問題点……江利川春雄
《考えてみよう!ストレスとメンタルヘルス》復職支援プログラム①……天笠 崇
《名画に出会う》小野忠重「風」……堀尾真紀子
《この映画見ましたか?》「はじまりの街」……海南友子
萩トモローの笑学校


撮影校=神奈川・私立湘南学園小学校
プロダクトNo 1281687622
出版社 大月書店
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。