いのちの環 定期購読・最新号・バックナンバー

いのちの環の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

いのちの環雑誌の詳細です。


いのちの環の公式サイトへ
本・雑誌 いのちの環
本・雑誌内容 ◆環境保全や資源問題の解決に取り組む人を取り上げた記事を掲載します。毎回、特集のテーマにあった実践者のインタビューやルポをはじめ、連載企画「自然の声を聴く」などで、環境保全や資源問題に取り組む人をとり上げ、自然とともに伸びる社会の生き方のモデルを提示していきます。 ◆芸術表現を行っている人やその投稿作品を掲載します。生活の中の美しいものや感動することを認めて表現する“日時計主義”の生き方を提唱します。◆本誌の購読料の内、1誌につき1円が植林活動に寄付されます。
本・雑誌内容詳細 特集1 気候変動に対処法はあるのか?
猛暑日が増える夏、豪雪に見舞われる冬、ゲリラ豪雨と強大化する台風── 異常気象が頻発(ひんぱつ)する背景には何があるのか。今後、地球の気象はどうなるのか。そして気候変動への対処法は? IPCC(気候変動に関する政府間パネル)に関わった専門家にインタビューしました。


インタビュー 温暖化、環境悪化が進む今こそ求められるパラダイムシフト
近年、日本や世界で、これまで経験したことのないような大雨、洪水(こうずい)、竜巻(たつまき)、干魃(かんばつ)、台風などの異常気象が頻発(ひんぱつ)している。そうした気候変動の背景には何があるのか、温暖化はどこまで進んでいるのか、今、求められているパラダイムシフトなどについて、東京大学名誉教授、国立研究開発法人土木研究所水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM=アイチャーム)長の小池俊雄さんに聞いた。

特集2 人間は神の子である
・私のターニングポイント「妻が生長の家に導いてくれたおかげで、アル中から立ち直ることができました」
・絶対の救済 谷口清超(前生長の家総裁)

------------------------------------------------------------------------------

神の絶対の御徳を讃える祈り
谷口雅宣(生長の家総裁)

聖典をひらく 此の微妙な構造は誰の働き
谷口雅春(生長の家創始者)

●いのちの回廊 谷口雅春(生長の家創始者)
●美のステージ
その日、その瞬間の感動を“相棒”のカメラで写真に収める
●信仰随想
妻と二人三脚で信仰の道を歩み続けたい
●コラム 悠々味読
肯定的な“思い込み”がよい人生をつくる!?
●新連載 仏を彫り出す
仏像彫刻で極めて大切な顔を彫る
●自然の声を聴く
“アルツー(徒歩通勤)”を続け、一期一会の自然を味わう
●連載 オーガニック野菜を作る
玄米の正しい炊き方 水に漬け、発芽玄米にしてから炊く
●森からのエコルポ
無農薬・無化学肥料の野菜と米を栽培し、健康食品と食材に使用

●Q&A誌上カウンセリング
「親の財産を多く取ろうとする姉が憎い」
●私のこの一冊
『平和のレシピ』

●マイタウン、マイファミリー
子供の神性を拝み、生みの親、養父母に感謝して(新潟県上越市)
●広げよう、いのちの環
友人から譲り受けた一冊の『白鳩』がきっかけで、一変した私の人生・1(スイス)

●絵手紙ぽすと
●俳壇 俳句への招待 櫂未知子(俳人)
●読者のページ 「福島第一原発事故の真実」を読んで
●生長の家インフォメーション 生長の家の教えとは?
●人生の光となった言葉
プロダクトNo 1281687595
出版社 日本教文社
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。