子どもの心と学校臨床 定期購読・最新号・バックナンバー

子どもの心と学校臨床の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

子どもの心と学校臨床雑誌の詳細です。


子どもの心と学校臨床の公式サイトへ
本・雑誌 子どもの心と学校臨床
本・雑誌内容 不登校,非行,いじめ,学級崩壊などの問題だけでなく,公立学校の崩壊やゆとり教育のひずみ・転換,モンスターペアレントと呼ばれる親たちの出現など,今も学校が背負う問題は多岐にわたります。こうした問題は,学校教諭や養護教諭がひとり抱え込むものでも,保護者だけが負うものでもなく,SCなどの支援者が孤軍奮闘してどうにかできるものでもなく,学校臨床は,多層的で,多面的で,共同的な支援こそが望まれています。本誌『子どもの心と学校臨床』は,そうした理想を現実化するよう,学校臨床にかかわる人たちのためのオピニオンや実用的な情報をまとめた雑誌として創刊したものです。
本・雑誌内容詳細 特集 スクールカウンセラーの「育ち」と「育て方」

本間友巳 ■ SCの「育ち」と「育て方」
谷口由香莉 ■ 若手SCとしての「育ち」
増田明佳 ■ 中堅としての「育ち」
良原惠子 ■ ベテランとしての「育ち」
川瀬正裕 ■ 大学院での「育て方」
荒井久美子・朝比奈恭子 ■ SC組織での「育て方」
石川健司・堀英太郎 ■ スーパーバイザーとしての「育て方」

特別寄稿
香川 克 ● エビデンスを前に失われる可能性のあるもの

連載
川上ちひろ ● 関係を創る・築く・繋ぐ:発達障害のある子どもの成長
丹 明彦 ● 人間と遊び
花屋道子 ●学校をめぐる問題と対応:「先生」の人生を垣間見る
曽山いづみ ●【観点】学校現場からの報告:新人教諭の声なき声
野口寿一 ●この本,読むべし―スクールカウンセラーに薦める2冊
なかおよしき ● 悩ませ屋がゆく
プロダクトNo 1281687581
出版社 遠見書房
発売日 2,8月の20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。