HOTERES(週刊ホテルレストラン) 定期購読・最新号・バックナンバー

HOTERES(週刊ホテルレストラン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

HOTERES(週刊ホテルレストラン)雑誌の詳細です。


HOTERES(週刊ホテルレストラン)の公式サイトへ
本・雑誌 HOTERES(週刊ホテルレストラン)
本・雑誌内容 『週刊ホテルレストラン』は1966年創刊のホテル・レストラン業界唯一の専門誌です。ホテルの経営・運営にかかわる豊富なコンテンツ(経営、財務、マーケティング、IT、施設管理など)に沿ったデータ、分析記事のほか各種インタビューや海外および関連業界(飲食・観光・レジャー産業)情報と共に、時代のニーズに適した最新情報を発信しています。
本・雑誌内容詳細 ■FROM THE PUBLISHER『進化を武器に』太田 進

〈特集〉2017年全国60都市の客室・定員稼働率および15エリアの客室3指標
■地域別客室・定員稼働率
■全国60都市の客室稼働率
■全国60都市の定員稼働率
■地域別客室・定員稼働率対前年比増減ポイント
■全国客室3指標対前年月比
■インタビュー・各エリアホテル協会

〈特別企画〉ハイアット セントリック 銀座 東京

〈COLOR〉
■きらびやかなGINZAの街に、世界で注目される新ブランドホテルが誕生
宝石をまとったような美しさの浴槽が、客室の魅力を引き出す/大和重工㈱
■テーマモチーフの市松模様がモダンで優しい 随所に凝らしたアートワークも刺激的 移りゆく銀座の文化と眺めも愉しめる/㈱ニチベイ
■ネスプレッソのコーヒーマシンはホテルシーンのスタンダードになっている/ネスレネスプレッソ㈱

〈TOPICS〉
■レポート 2018年「Aカードトップ会」開催

〈連載〉
■フラワーアーティストKAORUKOの世界に乾杯 第18回 ㈱KAORUKO 代表取締役社長 KAORUKO
■「料理人の教育論」第二十五講 グランドプリンスホテル広島 総料理長 石田 敏晴
■〔GONZOの日本酒エンターテインメントSHOW〕④燗酒のイリュージョン
■世界のリーディングホテル VOL166 ザ ビバリー ヒルズ ホテル 
㈱原健 代表取締役 ホテルジャーナリスト 小原 康裕
■集中連載 有価証券報告書から読み解く、ホテル経営の健全診断 5連結財務諸表、キャッシュ・フロー、減損会計 
池内公認会計士・税理士事務所 代表 池内孝行
■“風の人”山下裕乃の「THE SHARE」 第27回 山下裕乃
■腕ききシェフと仲間たち“これぞ”わが厨房なり 第10回 鴨川館
■第4回 ∞“Boys be ambitious”∞ ~少年よ、尽きることなく限ることなく大志を抱け~ レジャー産業研究会グループ8
■桧垣真理子のサービスプロフェッショナル10カ条 第8回 クオリティ・サービス・コンサルタント 桧垣 真理子
■独立系中小規模ホテルF&B部門再生手法 第23回 マストインターナショナル㈱ 代表取締役 湯浅 太
■伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第15回 
スマイル ブリュー カンパニー代表/日本酒スタイリスト 島田律子×SAKE WORLD, Inc.代表取締役 ジョン・ゴントナー
■Wプロフェッショナルズ 第118回 
㈱フェイス 代表取締役社長 福永有利子×ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋 専務取締役総支配人 加藤範久
■サービス・イノベーション48手Part2 086 コペルニクス的転換でのルール・マニュアル活用術 
㈱スコラ・コンサルト プロセスデザイナー 岡村衝一郎
■いよいよ到来! ホテルウエディング復活のとき! 第37回 
クラリス ウエディングブランドエグゼクティブ/クラリス ウエディングプランナースクール校長/クラリス ウエディングプランナー研究所所長 伊藤 淳
■新しい視点「ホテルの価値」向上理論 〜ホテルのシステム思考〜 第307回 
㈱ホテル格付研究所 代表取締役所長 ㈱日本ホテルアプレイザル 取締役 北村剛史

〈REGULAR〉
■ニュースな話&人物クローズアップ 松沢良治
■HOTERES TOPICS
■日本政府観光局(JNTO)2月の訪日外客数・出国日本人数
■日本フードサービス協会 2018年2月の外食産業市場動向
■STR 2018年2月の世界のホテル客室指標
プロダクトNo 1281687539
出版社 オータパブリケイションズ
発売日 第1,2,3,4金曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。