海洋と生物 定期購読・最新号・バックナンバー

海洋と生物の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

海洋と生物雑誌の詳細です。


海洋と生物の公式サイトへ
本・雑誌 海洋と生物
本・雑誌内容 海洋に生息する生物はもちろん,それらをとりまく環境や水産業をはじめ基礎から応用までひろく最新の研究を紹介し,問題提起をおこなう唯一の雑誌です。毎号ひとつのテーマを深く扱う特集と,体系的な解説をおこなう連載の2つの形式でさまざまな興味深いテーマを解説します。
本・雑誌内容詳細 ●特集『生物和名を考える - 動物編 - 』
 本誌230号の藻類に続く,和名を考える第二弾。動物編。
 ブンブクチャガマ,タラバガニ,サケ,ミズナギドリ…。和名は世界中の多くの動物につけられているが,そのなかには慣用名,地方名なども含まれている。学名に対応するとされる標準和名でも,適切に姿形を表したものがある一方,分類群に曖昧な名前があたっているもの,社会通念上不適切なもの,一見,意味の不明なものも多く存在する。さらに,標準和名は不変のものではなく,分類的な成果の反映や時代に即した概念で変更されることもある。
 標準和名とは何か,その考え方をもとに,各分類群における実際の例を取り上げながら,和名の優れた点や問題点などを紹介し,そのあり方を考えてみたい。
【特集目次】
・生物の標準和名とは何か?-その概念と課題,展望-(瀬能宏/神奈川県立生命の星・地球博物館)
・棘皮動物の和名(藤田敏彦/国立科学博物館)
・十脚甲殻類(エビ・ヤドカリ・カニ類)の和名(武田正倫・小松浩典/国立科学博物館)
・国内水産重要魚種の標準和名問題(篠原現人/国立科学博物館)
・鳥の和名(西海功/国立科学博物館)

●Research Article 1
・化石記録が語るアンモナイト類とオウムガイ類の不思議(和仁良二/横浜国立大学)

●Research Article 2
・海鳥による窒素供給が沿岸海洋生態系に及ぼす影響(風間健太郎/北海道大学)

●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【31】八木繁一(1893-1980)
・環形動物 多毛類(今島 実)
 【11】ホコサキゴカイ科-11
・サクラマス - その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
 【5】降河回遊行動の生理的調節機構
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【13】円石藻Acanthoica acanthiferaとその分解途上の円石
・小さな離島の暮らしと漁業(乾 政秀/(株)水土舎)
 【30】愛知県・篠島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構)
 【7】トゲモク
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構)
 【34】短尾下目(8)異孔亜群7 ヒメイソオウギガニ上科・イワオウギガニ上科・サンゴガニ上科
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村 昇/金沢大学,下村通誉/京都大学)
 【50】ワラジムシ亜目 ヒゲナガワラジムシ科(2)ヒゲナガワラジムシ属(2)

<なまものけん通信>
・黒潮いるか通信 -御蔵島からの便り/ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。


★ 関連特集号 ★
230号:特集『生物和名における問題 - 藻類編 - 』
生物につけられた和名は,古くから使われていたり特徴をよく表したものが多く,専門家以外にも受け入れられやすい一方で,学名のように厳密にルールづけられていないため,言葉の表記方法による混乱や同名・異名などの問題もみられる。和名の取り扱いは個々の生物や分類群によっても異なるため,それぞれの分野での検証が必要であろう。今回は単細胞から数十メートル規模の大型の体をもつ多様な分類群を含む藻類について,和名にまつわる話題をとりあげた。
プロダクトNo 1281687395
出版社 生物研究社
発売日 毎偶月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。