月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー雑誌の詳細です。


月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー
本・雑誌内容 「月刊ビジネスアイ エネコ」(日本工業新聞社発行)が4月号(3月28日発行)から全面リニューアルしました。 表紙を含めて全ページの誌面デザインを一新。脚本家で富良野自然塾の塾長、倉本聰氏の新連載「萬葉の森をめざして ―富良野自然塾の記録―」、日本総合研究所の専門家による新連載「追跡! トランプ政権のエネルギー・環境政策」がスタートしました。
本・雑誌内容詳細 ●編集長が聞く!
石田 建一
積水ハウス 常務執行役員 環境推進部長 兼 温暖化防止研究所長
マイクログリッドで電力を地産地消

【特集】カーボンプライシング徹底解剖
・カーボンプライシングをめぐる内外の動向と日本での可能性
経済全体での低炭素化への取り組みを後押し
早稲田大学 政治経済学術院 教授 有村 俊秀

・カーボンプライシングをめぐる議論の行方
大規模導入は雇用・経済の基盤を揺るがす恐れも
経団連 環境安全委員会 国際環境戦略WG座長 手塚 宏之

・東京都排出量取引制度の概要と得られた知見・教訓
対象事業所の延床面積が増えてもCO2排出量は減少
東京都 環境局 総量削減課 中西 薫

・埼玉県独自の目標設定型排出量取引制度を導入
第1計画期間、99%の大規模事業所が目標クリア
埼玉県 環境部 温暖化対策課

●2020年に向けて…温暖化対策をめぐる潮流
「野心強化」の観点から見たルールブック策定 複数の議題項目を横断的に見てルール整備を
WWFジャパン 気候変動・エネルギーグループ長 山岸 尚之

●進化する中国~環境・エネルギー編~
改善されつつある中国の大気汚染 PM2.5濃度、4年間で21~42%減少
日綜(上海)信息系統有限公司 北京諮詢分公司総経理 王婷

●わが社の環境経営 大和ハウス工業
環境負荷ゼロに向けたZEBの取り組み

●松本真由美の環境・エネルギーDiary
電力の需給緩和策として注目! デマンドレスポンスの可能性は?

●エコカーの真実…開発の舞台裏
次世代車など興味なし 変わろうとしない米自動車産業界
自動車ジャーナリスト 桃田 健史

●第27回「地球環境大賞」授賞式

●未来の扉
微生物触媒でごみからエタノールを生成 プロセス安定化にさまざまな工夫こらす
経済ライター 馬場 隆

●次代のツール! 二次電池の基礎知識
EVによる運輸部門の低炭素化 再エネ導入拡大と電力供給の安定化にも貢献
電力中央研究所 材料科学研究所 兼 エネルギーイノベーション創発センター 研究参事 池谷 知彦

●山本隆三の快刀乱麻
欧州企業連合も英国も参入 競争が激化するEV用電池市場

●環境&エネルギー金融の舞台裏
再生エネが2030年度の主力電源に プロジェクトファイナンスの主役も再生エネへ
金融ジャーナリスト 森岡 英樹

●水と共生に
「世界水フォーラム」をブラジルで開催 SDGs達成に向け、世界中の水関係者に行動促す
グローバルウォータ・ジャパン代表 国連環境アドバイザー 吉村 和就

●窪田秀雄の「世界の原子力事情」
原子力産業の復活めざす?!トランプ政権 重要ポストの交代が相次ぎ、先行きに不安感も

●庄司太郎のエネルギー温故知新
アブダビ油田権益の延長・取得と日の丸原油 トータルでみれば日本の資源外交は成功

●石油新時代
ポスト協調減産としての「石油同盟」 シェール革命への産油国の必然的対応
日本エネルギー経済研究所 石油情報センター 橋爪 吉博

●TOPICS
・自然エネルギー財団、企業向けセミナー開催 自然エネが企業の競争力を高める!
・セキスイハイム、ゼロエネルギー達成度64% 積水化学、太陽光発電の大容量化が今後の課題 ほか

●海外ニュース

●月刊環境自治体eco通信

プロダクトNo 1281687387
出版社 日本工業新聞社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。