月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー雑誌の詳細です。


月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー
本・雑誌内容 「月刊ビジネスアイ エネコ」(日本工業新聞社発行)が4月号(3月28日発行)から全面リニューアルしました。 表紙を含めて全ページの誌面デザインを一新。脚本家で富良野自然塾の塾長、倉本聰氏の新連載「萬葉の森をめざして ―富良野自然塾の記録―」、日本総合研究所の専門家による新連載「追跡! トランプ政権のエネルギー・環境政策」がスタートしました。
本・雑誌内容詳細 ●編集長が聞く!
柴田 充
日本コカ・コーラ 労働安全衛生・環境サステナビリティ部長
日本コカ・コーラ、水使用量を“実質ゼロ”に!

【特集】太陽光発電ビジネスの新潮流
・太陽光発電の収益安定化をサポート
日本初の総合的な保険ソリューションを提供
HDI Global保険会社

・太陽光発電所の売電収入向上をサポート
次世代サービス提供へネクストエナジーの取り組み
ネクストエナジー・アンド・リソース

・蓄電池、太陽光発電、電力小売サービスの融合
再エネの普及拡大に向けたLooopの取り組み
Looop

・家の屋根に太陽光発電システムを無料設置
日本エコシステム「じぶん電力」のスキーム
日本エコシステム

●2020年に向けて…温暖化対策をめぐる潮流
パリ協定とカーボンプライシング 日本は制度導入に向けて本格的議論を
WWFジャパン 自然保護室次長/気候変動・エネルギープロジェクトリーダー 小西 雅子

●追跡! トランプ政権のエネルギー・環境政策
トランプ政権とサウジの緊密関係 原油価格の低位安定は長期化へ
日本総合研究所 創発戦略センター シニアマネジャー 瀧口 信一郎

●エコカーの真実…開発の舞台裏
マツダSKYACTIV-Xという選択
超低燃費&低公害、パワーとトルク生む超希薄燃焼
自動車ジャーナリスト 桃田 健史

●わが社の環境経営 ユニ・チャーム
中期環境目標「Eco Plan 2020」を着実に推進

●松本真由美の環境・エネルギーDiary
福島・土湯温泉、ニューエコツーリズムへの挑戦 温泉バイナリー発電とエビ養殖

●未来の扉
パルプからつくる“夢の新素材”
日本製紙「セルロースナノファイバー」開発の最前線
経済ライター 馬場 隆

●萬葉の森をめざして(7)
― 富良野自然塾の記録 ― 塾長 倉本 聰

●山本隆三の快刀乱麻
上方修正が続く電気自動車販売予測 石油と電力需要はどうなる?

●環境&エネルギー金融の舞台裏
自動車メーカー“大再編”に身構える金融界
ガソリン車からEV、つながる車にパラダイムシフト
金融ジャーナリスト 森岡 英樹

●山川文子の省エネホットライン
エアコン1台で家全体を暖冷房 東京都内で省エネ住宅を体験

●水と共生に
1都5県の水需要を支える浦山ダム、利根大堰
温暖化でさらなる設備増強とネットワーク化必要
グローバルウォータ・ジャパン代表 国連環境アドバイザー 吉村 和就

●窪田秀雄の「世界の原子力事情」
世界の原発、2040年に83%増か15%減 カギを握るのは欧米、日本…IAEA予測

●庄司太郎のエネルギー温故知新
エネルギー基本計画の見直しスタート 長期戦略では2050年に向けた画期的提言を期待

●石油新時代
石油備蓄の役割 ―産油国からの途絶と国内災害への対応―
日本エネルギー経済研究所 石油情報センター 橋爪 吉博

●革新的な“低炭素”石炭火力発電の開発めざす
「大崎クールジェン」実証試験スタート…Jパワーなど

●TOPICS
・米英の科学者、“気候変動対策”推進の共同声明
トランプショック乗り越え、世界の市民が連携を
・環境省「環境情報開示基盤整備事業」説明会
ESG投資の広がり受けて企業から500人参加 ほか

●海外ニュース

●月刊環境自治体eco通信

プロダクトNo 1281687387
出版社 日本工業新聞社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。