月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー雑誌の詳細です。


月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー
本・雑誌内容 「月刊ビジネスアイ エネコ」(日本工業新聞社発行)が4月号(3月28日発行)から全面リニューアルしました。 表紙を含めて全ページの誌面デザインを一新。脚本家で富良野自然塾の塾長、倉本聰氏の新連載「萬葉の森をめざして ―富良野自然塾の記録―」、日本総合研究所の専門家による新連載「追跡! トランプ政権のエネルギー・環境政策」がスタートしました。
本・雑誌内容詳細 ●編集長が聞く!
古米 弘明
東京大学 大学院 工学系研究科 附属水環境制御研究センター 教授
世界最大規模の“水”会議、日本で初めて開催

【特集】“ゼロエネルギー住宅”最新動向!
・ムリも我慢もしないエネルギー自給自足へ
スマートハイムは暮らしと未来を変えていく
積水化学工業 住宅カンパニー

・戸建に加え、賃貸住宅・マンションでもZEH推進
パリ協定遵守に向けた積水ハウスの取り組み
積水ハウス

・人生を豊かに変えるミライリッチな家づくり
アイフルホームのZEHへの取り組み
LIXIL住宅研究所

・樹脂窓を中心とした改修でゼロエネ住宅実現
性能・機能・品質向上、新商品開発…YKK APの取り組み
YKK AP

・家庭用太陽光発電の経済性…現状と将来展望
住宅で使う電気は将来、太陽光が「主」になる可能性も
自然エネルギー財団 木村 啓二

●2020年に向けて…温暖化対策をめぐる潮流
COP23ボン会議の論点は? パリ協定離脱宣言した米国の出方にも注目
WWFジャパン 気候変動・エネルギーグループ長 山岸 尚之

●追跡! トランプ政権のエネルギー・環境政策
パリ協定をめぐるトランプ政権の狙い ~天然ガス転換に伴うエネルギー支配~
日本総合研究所 創発戦略センター シニアスペシャリスト 瀧口 信一郎

●エコカーの真実…開発の舞台裏
まさか、ベンツがここまでやるとは!?
燃料電池プラグインハイブリッド車のウラ事情
自動車ジャーナリスト 桃田 健史

●わが社の環境経営 日立建機
CSVを推進しサステナブルな社会の実現をめざす

●松本真由美の環境・エネルギーDiary
実証開始! 大崎クールジェンプロジェクト 究極の高効率火力発電技術の開発めざす

●未来の扉
使用済みの紙から再生紙つくる新発明 オフィス内での紙リサイクル実現
経済ライター 馬場 隆

●萬葉の森をめざして(8)
― 富良野自然塾の記録 ― 塾長 倉本 聰

●山本隆三の快刀乱麻
脱石炭のEUで出てきた代替エネルギーは?
欧州で相次ぐ原発新設報道とロ中の事業進出

●環境&エネルギー金融の舞台裏
仮想通貨の価格高騰が招く電力の大量消費
マイニング事業のポイントは電力料金の安さ
金融ジャーナリスト 森岡 英樹

●山川文子の省エネホットライン
行動科学を活用した家庭の省エネ促進策 東京都が施策に反映させる検討会発足

●水と共生に
ナイル川“水戦争”の虚虚実実 巨大ダム建設をめぐりエジプトとエチオピア対立
グローバルウォータ・ジャパン代表 国連環境アドバイザー 吉村 和就

●窪田秀雄の「世界の原子力事情」
米国のAP1000プロジェクトで明暗 ボーグル原発は建設続行へ

●庄司太郎のエネルギー温故知新
石油元売りの統合と上流開発政策の転換
産油・ガス国と条件のいい長期売買契約も模索すべし

●TOPICS
・バッテリー交換式電動スクーターのシェアリング事業
住商と台湾Gogoro社、今年度中に沖縄で実証スタート
・“2℃目標”に向け動くことはビジネスチャンス!
ICEFに世界の研究者、企業幹部ら1000人参加 ほか

●海外ニュース

●特別寄稿
スペインの“都市と公園”見聞録 山の雪解け水を利用、水資源リサイクル公園も
環境工学研究所 所長 星山 貫一

●月刊環境自治体eco通信

プロダクトNo 1281687387
出版社 日本工業新聞社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。