高木文一 初登攀の軌跡 ―われ、谷川岳にアルピニズムの濫觴を見ゆ― 定期購読・最新号・バックナンバー

高木文一 初登攀の軌跡 ―われ、谷川岳にアルピニズムの濫觴を見ゆ―の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

高木文一 初登攀の軌跡 ―われ、谷川岳にアルピニズムの濫觴を見ゆ―雑誌の詳細です。


高木文一 初登攀の軌跡 ―われ、谷川岳にアルピニズムの濫觴を見ゆ―の公式サイトへ
本・雑誌 高木文一 初登攀の軌跡 ―われ、谷川岳にアルピニズムの濫觴を見ゆ―
本・雑誌内容 東京慈恵会医科大学山岳部出身のアルピニストである高木文一(1911~1964)の輝かしい業績を紹介するユニークな山岳書。谷川岳・一ノ倉沢奥壁や前穂高岳・下又白谷をはじめとする初登攀の数々などを、同山岳部の後輩であり、『新ハイキング』寄稿多数の著者が熱情溢れる筆致で詳述。
本・雑誌内容詳細 『高木文一 初登攀の軌跡』もくじ

プロローグ

第1章 高木文一のプロフィール
惜別
専門とした病理学とは
生い立ちと成蹊学園
父兼二も英国に留学
高木兄弟の密接なペア
初登攀物語

第2章 初登攀の記録
谷川岳・一ノ倉沢 奥壁 2ルンゼ―ザッテル―滝沢C・Dルンゼ中間リッジ 初登攀
谷川岳・一ノ倉沢 滝沢下部 敗退
谷川岳・一ノ倉沢 奥壁 2ルンゼ―ザッテル―滝沢Aルンゼ 初登攀
前穂高岳・下又白谷 下降・積雪期初踏破・初下降・積雪期初下降
前穂高岳・中又白谷右俣 初登・積雪期初登攀

第3章 高木文一の山日記から
1933年(昭8) [22歳]
1934年(昭9) [23歳]
1935年(昭10) [24歳]
1936年(昭11) [25歳]

第4章 登山の真髄 
チャカの登山者分類学
ヒマラヤへの憧憬

第5章 山岳遭難対策についての提言
統計が示す山岳遭難
アクシデントに遭ったときの対処法

あとがき

参考文献
プロダクトNo 1281687375
出版社 新ハイキング社
発売日 毎月A日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。