捜査研究 定期購読・最新号・バックナンバー

捜査研究の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

捜査研究雑誌の詳細です。


捜査研究の公式サイトへ
本・雑誌 捜査研究
本・雑誌内容 悪質、巧妙、複雑化する犯罪に対応すべく、複眼的観点からアプローチする新時代型犯罪捜査専門研究誌。「その時、現場でどうするか」一歩踏み込んだ現場目線、具体的記述で一流の警察官・検察官が解説します。
本・雑誌内容詳細 ◆◆Practical Stage◆◆
実務編<捜査実務に役立つ事例紹介、法改正情報など>

--------------------------------------------------------------------------------
特集1
■刑務所等における医療の現状について(下)
(前法務省矯正局矯正医療企画官 西岡 慎介)
…矯正医療の現状と課題を解説。2回連載の後半。
--------------------------------------------------------------------------------
特集2
■高齢者犯罪の現状と対策(上)
(警察庁刑事局犯罪情報分析官 村木 一郎)
…増加傾向にある高齢者犯罪の現状から課題・対策を解説。
--------------------------------------------------------------------------------
■最新 刑事判例研究(第49回)
所持品検査の適法性(大阪高判平成28年10月13日(判タ1439号127頁))
(日本大学大学院法務研究科教授 前田 雅英)
…近時の重要な刑事判例をもとに、実務上、重要なテーマを解説。
--------------------------------------------------------------------------------
■覚せい剤使用事犯における「留置き」をめぐる問題(第8回)
~二分論への批判に対し,実務上その有用性について~
(専修大学大学院法学研究科修士課程修了(元栃木県警察学校長・元警察署長) 細谷 芳明)
…「留置き」をめぐる問題について、実務の観点から、適法捜査と違法捜査の境目を考察。
--------------------------------------------------------------------------------
■刑法各論
設問11 盗品等に関する罪
(司法研修所検察教官 占部 祥)
…司法研修所検察教官らが、刑法各論の各項目について、実務経験に基づき、設問に対する解答や主な捜査事項等を解説。
--------------------------------------------------------------------------------
■実例捜査セミナー
○犯人性が問題となる住居侵入・窃盗事件について,丁寧な行動確認及び的確な証拠化により被疑者の犯人性を立証できるとして起訴した事例
(前東京地方検察庁検事 青木 健剛)
○着手後の問題点を見据えて,着手前から関係各機関が連携して取り組んだ児童虐待事案(夫が長男に,妻が三女にそれぞれ傷害を負わせた事案)
(前東京地方検察庁検事 木村 誠宏)
…現職検事が、自身が取り扱った事例を元に、捜査上の留意事項を解説するリレー連載。
--------------------------------------------------------------------------------
■犯罪被害者支援と弁護士実務(第9回)
被害者や遺族が求めるものとは
(犯罪被害者支援弁護士フォーラム(VSフォーラム) 弁護士 田島 寛之)
…犯罪被害者支援に取り組む弁護士らによる新連載。被害者参加弁護の実務経験から、被害者対応上の留意点や、捜査機関との連携についても言及。
--------------------------------------------------------------------------------
■事例に学ぶ 交通事故事件捜査(92)
ひき逃げ事件において,人だと思わなかったと否認した事案について
((株)知能自動車研究所 山崎 俊一)
…警察大学校でも教鞭をとる山崎氏が、実例・衝突実験結果をもとに事故捜査のポイントを解説。
--------------------------------------------------------------------------------
■海上保安事件の研究(第108回)
密漁船焼打ち事件(前編)
(広島文化学園大学特任教授 海上保安大学校名誉教授 廣瀬 肇)
…海上保安庁が緊急事案対応のノウハウをどのように蓄積してきたのかを、事例をもとに解説。
--------------------------------------------------------------------------------
■続・知っておきたい文書鑑定の基礎知識(第6回)
印章鑑定の検査体系(その1)
(元警察庁科学警察研究所附属鑑定所長 吉田 公一)※「吉」は、正式には土口(つちくち)
…文書鑑定を依頼する際に知っておきたい文書鑑定の基礎知識を解説。
--------------------------------------------------------------------------------
■文献紹介(236)
『現代国際刑事法―国内刑事法との協働を中心として―』(城 祐一郎、成文堂)
(明治大学法科大学院教授 清水 真)
--------------------------------------------------------------------------------
■警察教養としての読書(第17回)
『死体は今日も泣いている 日本の「死因」はウソだらけ』(岩瀬 博太郎、光文社)
(評者 古野 まほろ)
--------------------------------------------------------------------------------
■捜査関係ファイル
(2月のできごと)
--------------------------------------------------------------------------------
■捜査の英語 Case 55
少年犯罪
(警察庁国際捜査管理官付翻訳係)
--------------------------------------------------------------------------------
■BookLand(書評)
『筋読み』(田村 和大、宝島社)
--------------------------------------------------------------------------------


休載のお知らせ

◆◆Practical Stage◆◆
「捜査官のためのデジタル・フォレンジック入門」「検証 サイバー(ハイテク)犯罪の捜査」「元検察官のキャンパスノート」「最新・判例解説」

◆◆Press Stage◆◆
「インクのしずく」「実録・事件捜査と人間模様」「組織の失敗学」
プロダクトNo 1281687276
出版社 東京法令出版
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。