プレホスピタル・ケア 定期購読・最新号・バックナンバー

プレホスピタル・ケアの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

プレホスピタル・ケア雑誌の詳細です。


プレホスピタル・ケアの公式サイトへ
本・雑誌 プレホスピタル・ケア
本・雑誌内容 救急救命士・救急隊員向けの専門誌・実務情報誌として、国や全国の動向、救急現場における事例報告や研究論文、救急に関わる法律問題、救急医療に関する知識、情報を20年以上提供しつづけています。
本・雑誌内容詳細 プレホスピタル・ケア
第30巻第4号(通巻140号)

【特集 ドクターヘリの今とこれから】
○「劇的救命」の実現―八戸におけるドクターヘリ―
 八戸市立市民病院 救命救急センター 野田頭達也
○岐阜県ドクターヘリの現在と未来
 岐阜大学医学部附属病院 高次救命治療センター 山田法顕ほか
○ドクターヘリの運航について―フライトナースの立場から―
 愛知医科大学病院 高度救命救急センター 中井公仁枝ほか
○レッドウイング:ドクターヘリを補完する民間医療ヘリ
 社会医療法人緑泉会 米盛病院 冨岡譲二
○救急現場におけるドクターカー・ドクターヘリ同時要請のメリットについて
 那須地区消防本部 白石茜ほか

■TOPICS
・日本臨床救急医学会からの提言 傷病者の意思に沿った救急現場での心肺蘇生のあり方について─どうする? DNARへの対応─
 救急救命東京研修所 田邉晴山ほか
・通信指令員への教育スタート!in 岐阜県消防学校
 岐阜県消防学校 淺野哲二ほか

■NEWS
・外国語対応シート『だれでもタッチ』について
 砺波地域消防組合消防本部 辻元一徹
・日本在宅救急研究会設立の趣意とその役割について
 青燈会小豆畑病院 救急・総合診療科 小豆畑丈夫

■投稿
・東京消防庁と協働した重症呼吸不全患者に対するmobile ECMO 2症例の検討
 東京都立多摩総合医療センター 救命救急センター長 清水敬樹ほか

■霞が関通信
・119番通報の多様化に関する検討会報告書の概要
 総務省消防庁 国民保護・防災部 城門利光

■各地の取組み
・学校における食物アレルギー対応教育~シミュレーションDVD制作から制作後の取り組みについて~
 浜松市消防局 田中雄己ほか
・福祉施設傷病者情報記録票を使用した現場滞在時間短縮への取り組み
 白山野々市広域消防本部 澤田淳ほか

■シェアする症例・事例
・水没車両から救助された心肺停止傷病者が社会復帰した症例
 鳥取県西部広域行政管理組合消防局 岩佐幸範ほか

■資器材にちょこっと一工夫
・ネックカラーの改良について
 永平寺町消防本部 西村光平ほか

■REPORT
・埼玉県内最小消防本部の救急研修会
 伊奈町消防本部 畑安昭

■各地のニュース

【連載】
○最終回 最先端 救急業務高度化への挑戦~秋田市消防本部の今~(8)
・ワーキンググループの成果と課題
 秋田市消防本部 阿部憲悦ほか
○新連載 こんなとき、どうする? 現場活動お悩み解決のコーナー(1)
・傷病者を搬送中、道路脇に倒れている人を発見!
 救急活動研究会
○観察のコツとピットフォール(27)
・「在宅医療①」の巻
 都立広尾病院救命救急センター 中島幹男
○リレー連載講座 第一線救急医による症例検討セミナー(98)
・災害拠点病院としての院内災害訓練
 兵庫県立加古川医療センター 救命救急センター 板垣有亮
○PEEC直伝!スキルアップ精神科救急(4)
・精神科救急リアルプラクティス編2 深夜、消防局に飛び込んで来た親子
 国立病院機構熊本医療センター 橋本聡ほか
○医学論文から検証!現場の救急処置(5)
・院外心肺停止傷病者に対する気管挿管
 救急救命東京研修所 尾方純一
○救急隊員のための放射線災害対策講座(4)
・放射線防護
 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所 富永隆子
○投稿・九研の目(17)
・救急車体への反射材貼付の必要性─病院前救護活動の高速道路・自動車専用道路上での危険をふまえて─
 北アルプス広域消防本部 吉沢彰洋ほか
○続・救急活動をめぐる法律問題(63)
・指示指導医の法的地位・法的責任
 杏林大学総合政策学部 橋本雄太郎

【Column】
○知って得する!救命講習小ネタ集
 公益財団法人東京防災救急協会
○カンボジア救急物語
 胆振東部消防組合 若松淳
○南極救命人(11)
 浦添市消防本部 春日井一人
○BOOKS
 滝口雅博
○救急豆辞典
 長野救命医療専門学校 瀧野昌也
プロダクトNo 1281687274
出版社 東京法令出版
発売日 毎偶月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。