プレホスピタル・ケア 定期購読・最新号・バックナンバー

プレホスピタル・ケアの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

プレホスピタル・ケア雑誌の詳細です。


プレホスピタル・ケアの公式サイトへ
本・雑誌 プレホスピタル・ケア
本・雑誌内容 救急救命士・救急隊員向けの専門誌・実務情報誌として、国や全国の動向、救急現場における事例報告や研究論文、救急に関わる法律問題、救急医療に関する知識、情報を20年以上提供しつづけています。
本・雑誌内容詳細 【特集 ICTを活用した救急システム】
○スマートフォンアプリ(ORION)の有用性と課題
 堺市消防局 堀英治
○奈良県救急医療管制システム(e-MATCH)の現状と課題
 奈良県広域消防組合消防本部 安東望ほか
○通信情報機器(ICT)を利用した遠隔死亡診断
 東海大学医学部基盤診療学系法医学領域 大澤資樹
○渋川広域消防本部における車載タブレットの利活用
 渋川広域消防本部 浅見真喜ほか

■第26回全国救急隊員シンポジウム(案内)

■NEWS
・#7119 導入開始─救急電話相談の24時間化による適正受診及び救急車の適正利用の推進─
 埼玉県医療整備課地域医療対策担当

■各地の取組み
・大阪市消防局における外国語対応について
 大阪市消防局救急部救急課
・市立青葉病院救急ワークステーションにおける病院実習
 千葉市消防局 田端隆司
・地域包括ケアシステムの中での消防の役割
 ―高齢者福祉施設・転院搬送の救急要請におけるガイドライン作成―
 下関市消防局 木原健雄
・全国初! 救命・防災の初期対応に無料アプリ「MAPS.ME」配信開始
 大和市消防本部

■霞が関通信
・救急安心センター事業(♯7119)の全国展開 
 総務省消防庁救急企画室 伊藤彰

■投稿・血圧の測定方法から見えてくるもの
―救急現場活動の確実性と時間短縮への挑戦―  
 熊本市消防局 田上健一

【連載】
○観察のコツとピットフォール(28)
・「在宅医療②~在宅酸素療法と在宅人工呼吸療法~」の巻 
 都立広尾病院救命救急センター 中島幹男
○PEEC直伝!スキルアップ精神科救急(5)
・精神科救急ピットフォール編3 ことばによる静穏化ってなんなのさ??
 国立病院機構熊本医療センター 橋本聡ほか
○こんなとき、どうする?(2)
・胸部痛を訴える傷病者に、掛り付けクリニックへの搬送をお願いされたら?
 救急活動研究会
○リレー連載講座 第一線救急医による症例検討セミナー(99)
・正しい病院選定とは(疑うことの重要性)
 聖マリア病院 古賀仁士
○救急隊員のための放射線災害対策講座(5)
・放射線災害現場対応 
 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所 富永隆子
○投稿・九研の目(18)
・なぜ、救急隊の現場到着時間は延長していくのか? 
 救急救命九州研修所 景山拓二ほか
○シェアする症例・事例
・補助人工心臓装置設置傷病者の救急搬送について 
 川崎市消防局 尾崎一雄
○私たちの工夫
・隊員個々の役割を重視した救急活動シミュレーション訓練
 京都市消防局 鈴木寿浩ほか
○医学論文から検証!現場の救急処置(6)
・院外心肺停止傷病者に対する気管挿管(その2)
 救急救命東京研修所 尾方純一
○続・救急活動をめぐる法律問題(64)
・紛争予防法学の視点から病院前救護体制の喫緊の課題を考える
 杏林大学総合政策学部 橋本雄太郎


【Column】
○南極救命人(最終回)
 浦添市消防本部 春日井一人
○NORTH AMERICA EMS~北米救急事情~(新連載)
 神戸市消防局 菊池悠ほか
○知って得する!救命講習小ネタ集
 公益財団法人東京防災救急協会
○カンボジア救急物語
 胆振東部消防組合 若松淳
○BOOKS
 滝口雅博
○救急豆辞典
 長野救命医療専門学校 瀧野昌也
プロダクトNo 1281687274
出版社 東京法令出版
発売日 毎偶月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。