月刊消防 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊消防の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊消防雑誌の詳細です。


月刊消防の公式サイトへ
本・雑誌 月刊消防
本・雑誌内容 全国の消防職員及び関係機関を対象とした消防界の実務情報誌。消防法改正など法令改正もタイムリーに解説。火災、自然災害、事故等の各種事例を上げて考察する。
本・雑誌内容詳細 『月刊消防』2017年9月号目次

■Special Feature
特集 ドローン実戦導入
●-現場にいち早く導入した さいたま市消防局の事例-/「月刊消防」編集室
●赤外線カメラ付き小型無人航空機(ドローン)の配備について/筑西広域市町村圏事務組合消防本部

●【新連載】小樽市消防本部における水難救助活動の運用について(1)
潜水救助活動への転換/小樽市消防本部
●【最終回】札幌市消防局の査察体制-質と量を追い求めて-(3)
更なる違反是正を目指して/札幌市消防局予防部査察規制課
●Fire Engine Collection(70)
消防ポンプ自動車CD-I型/印西地区消防組合消防本部(千葉県)
●ヨソホン/枚方寝屋川消防組合消防本部
●来たるべき災害に備えよ! 大阪レスキュー最前線!(3)
平成29年度 水難救助技術訓練/大阪市消防局警防部警防課
●救助の基本+α(16)
高所救助(下)/出雲市消防本部 吉田智広 田中芳典
●今、話題の消防設備・資器材大研究
作ってみよう、ショートホース/常滑市消防本部 町野佑奈
●Information消防行政
糸魚川市大規模火災を踏まえた今後の消防のあり方に関する検討会の検討結果について/消防庁消防・救急課
●法律家の視点から見た良い文章の書き方のコツ(3)
法律家から見た良い実況見分調書の書き方/レイ法律事務所 河西那剛
●消防News
「Q助」(全国版救急受診アプリ)のお知らせ/消防庁救急企画室
●海外の救助隊事情について(2)
国際緊急援助隊救助チーム(JDR)の関係者/独立行政法人 国際協力機構 勝部 司
●PHOTO TOPICS
「松寿園火災から30年」/東京消防庁東村山消防署
●全国初! 災害救助犬連携活動要領(2)
救助犬による捜索/横浜市消防局
●立入検査はこわくない~あなたのお困り解決します~(9)
デジタルとアナログ/新垣 源
●違反是正は怖くない! モヤモヤ解決Q&A(17)
有料老人ホームの用途区分について/第一総合法律事務所 國重慎二
●できていますか? 消防職員のビジネスマナー(4)
社外文書、郵便の知識/髙畠真由美
●消防News
「救急ボイストラ」の全国の消防本部への提供開始/消防庁救急企画室
●こみね爺の消防ぼやき集(5)
教えて!面積算定/河野優作
●過去に学ぶ(42)
日々、積み重ね/名古屋市消防局
●かゆいところに手が届く! 予防お悩み相談室(69)
非常用エレベーター/消防道研究会
●CHEMICAL SOLDIERのCBRNよもやま話(45)
耐えられる試練-炭疽菌シナリオ-/濵田昌彦
●事故事例から考える 消防の安全配慮(5)
現場活動の事故事例 ②放水活動/安西法律事務所 山岸功宗
●消防心理学トピックス(18)
ストックホルム症候群とリマ症候群/加藤孝一
●ステップアップ 消防技術!(6)
事態対処外傷の現場での処置/自衛隊中央病院 後藤浩也
●すぐに使える! 消防講話のタネ(59)
体で覚える/池田和生
●入門 高圧ガス保安法~法令の概要と体系~(5)
製造者に求められる保安管理組織と保安教育/高圧ガス保安協会
●情報のひろば
●最新救急事情(193)
AED=ドローンとなる日が来る/玉川 進
●消防吏員 昇任試験合格講座

ESSAY&COLUMN
○世界の消防グッズ見聞録(87)
○魂の一言(49)
○火掛り THE スタンダード(3)
○Voice(21)
○救急隊員日記(161)
○トモさんはてんてこ舞い(77)
○月刊消防 Book Review
※「やっぱ言っとく!医師から一言」「元署長の使える現場活動テクニック」「予防技術検定トレーニング」はお休みします。
プロダクトNo 1281687269
出版社 東京法令出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。