月刊消防 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊消防の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊消防雑誌の詳細です。


月刊消防の公式サイトへ
本・雑誌 月刊消防
本・雑誌内容 全国の消防職員及び関係機関を対象とした消防界の実務情報誌。消防法改正など法令改正もタイムリーに解説。火災、自然災害、事故等の各種事例を上げて考察する。
本・雑誌内容詳細 『月刊消防』2018年2月号目次

Special Feature
■平成29年7月九州北部豪雨災害における甘木・朝倉消防本部の消防活動について/甘木・朝倉消防本部
●【最終回】消防団事務担当者のひとりごと(5)固定観念を捨てよう
●平成29年7月九州北部豪雨における全地形対応車(レッドサラマンダー)の活動について~緊急消防援助隊愛知県大隊の活動を通して~
/岡崎市消防本部
●静岡市消防局における山岳救助訓練(4)現地訓練(山域の縦走・沢での遡行登はん訓練)/静岡市消防局
●今こそ知っておくべき 泡消火のAtoZ(2)泡消火薬剤の概要/深田工業株式会社
●Fire Engine Collection(74)災害対応特殊化学消防ポンプ自動車Ⅱ型/磐田市消防本部
●消防ロボットシステムの評価試験実施について/四日市市消防本部
●ヨソホン/長門市消防本部・中央消防署
●救助の基本+α(21)エレベーター救助/土浦市消防本部 土浦消防署 石原康平
●月刊消防Laboratory 振動実験装置を用いた地震火災予防対策に関する検証について/東京消防庁 消防技術安全所 消防技術課 小野哲也
●事例に学ぶ防火査察 ラブホテル街特別査察(無通告一斉立入検査)の取組/湖南広域消防局 予防指導課 八木清和
●印西地区消防組合の火災調査室・実験室の概要/印西地区消防組合消防本部
●ドローンを活用! 山中での要救助者発見事例/糸魚川市消防本部
●かゆいところに手が届く! 予防お悩み相談室(74)避難管理/消防道研究会
●過去に学ぶ(47)フラッシュオーバーをよめ/名古屋市消防局
●すぐに使える! 消防講話のタネ(64)あいまいな表現は事故のもと/池田和生
●違反是正は怖くない! モヤモヤ解決Q&A(22)服役中の受刑者への是正措置と破産した場合の名宛人/第一総合法律事務所 國重慎二
●できていますか? 消防職員のビジネスマナー(9)「上手な断り方」「苦情対応時の注意」/髙畠真由美
●消防心理学トピックス(23)災害時の無意識行動とVR訓練/加藤孝一
●ステップアップ 消防技術!(11)事態対処外傷救護ことはじめ:事態対処におけるトリアージ(上)
/防衛医科大学校 防衛医学研究センター外傷研究部門・病院救急部 関根康雅
●住宅用火災警報器の普及啓発活動の取組について/河内長野市消防本部
●日本語を話せない外国人からの119番通報及び現場活動に対応するため多言語通訳システム導入の取組み/坂戸・鶴ヶ島消防組合消防本部 指令課
●CHEMICAL SOLDIERのCBRNよもやま話(50)核テロシナリオと正面から向き合う―東京で10ktの核がさく裂したとき―(後編)/濵田昌彦
●2020年東京オリンピックの会場で国民保護共同実動訓練を実施/「月刊消防」編集室
●海上保安庁の潜水訓練(5)現場に出てから(その2:障害突破訓練)/海上保安庁警備救難部救難課 和多田 聖
●海外の救助隊事情について(6)チームの技術と機材について ?捜索と救助/独立行政法人 国際協力機構 勝部 司
●事故事例から考える 消防の安全配慮(10)火災防ぎょの事故事例から考える(②耐火建物火災:破壊・進入活動)/安西法律事務所 山岸功宗
●最新救急事情(197)ヘリコプター搬送の費用対効果/玉川 進
●情報のひろば
●入門 高圧ガス保安法~法令の概要と体系~(10)高圧ガスの容器及びその附属品/高圧ガス保安協会
●予防技術検定トレーニング
●消防吏員 昇任試験合格講座
ESSAY & COLUMN
○火掛り THE スタンダード(8)
○月刊消防Book Review
○トモさんはてんてこ舞い(81)
○Voice(25)
○救急隊員日記(166)
※「消防職員のためのメンタルヘルス」はお休みします。
プロダクトNo 1281687269
出版社 東京法令出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。