横濱 定期購読・最新号・バックナンバー

横濱の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

横濱雑誌の詳細です。


横濱の公式サイトへ
本・雑誌 横濱
本・雑誌内容 「誇り高き江戸っ子も、ハマっ子には敬意を払う」。作家浅田次郎は、記念すべき季刊誌横濱1号でそう語った。生粋のハマっ子は三日住めば出来上がるというが、横濱を3冊読めば誰もがハマっ子になる。街を歩けば古い建造物がその繁栄の歴史を伝え、夜ともなれば関内、イセザキあたりでジャズ&ブルースが流れる。中華街の喧騒は人々を異国情緒へといざない、暮れ行くトワイライトタイムに街は、これからはじまる夜の楽しみに輝きだす。そんな横浜をあますことなくお伝えするのが『季刊誌横濱』。どうぞ胸いっぱい横浜を味わってください。もちろん、続々と誕生する新名所もご案内いたします。
本・雑誌内容詳細 【エッセイ】「国重要文化財になった帆船日本丸の戦中・戦後」/文・荒川 博(元運輸省航海訓練所所長)

【特集】大岡川をめぐる物語
 ①大岡川沿いのまち歩き
   桜木町界隈 過去と未来が共存する河口付近
   黄金町・日ノ出町・都橋 アートを楽しむまち歩き
   ロケ地探訪 映画をテーマに大岡川沿いを歩く
   真金町&新川町・二葉町 「花園の迷宮」を尋ねて
   浦舟町界隈 道場橋付近の歴史を辿る
   吉野町・南太田界隈 伝統と伝説とブルースと
   井土ケ谷・蒔田界隈 花街と迷路と丘の上のステンドグラス
   弘明寺界隈 観音様のまちに新しい風が吹く
   上大岡界隈 川と旧道と鉄路に、歴史が交差する
   笹下川沿い 山あいの風景の中を遡る
   大岡川の源流 川の始点となる一滴を見る旅へ
 ②吉田新田完成350周年/文・斉藤 司
   吉田新田の開発と近代都市横浜
 ③明治後の吉田新田/文・河北直治
   運河の街を探せ! 
 【コラム1】「身近な暮らしの軸としての大岡川の再生」/文・山路清貴
 ④川に架かる橋と川沿いの建物/文・角野 渉
   運河から横浜の街を見る
 【コラム2】「大岡川、水辺の底力」/文・岩本唯史
 ⑤運河のある街・横浜を目指して/文・小林直樹
   いま、横浜の運河がおもしろい
 【コラム3】「水上スポーツを街中で楽しめる文化」/文・柿澤 寛
 ⑥「横浜港物語」特別企画/文・志澤政勝
   横浜港と川の水運

【ウォッチ!よこはま】
 ①横浜のまち歩きも楽しめるヨコハマトリエンナーレ 2017開催
 ②馬車道150周年横浜の歴史と歩んできた馬車道の魅力を再発見!
 ③近代水道創設130年横浜の水道は、日本初の近代水道です

【新連載】横浜の歴史 いろはの〝い〟その1/文・斎藤多喜夫
 〝寒村〟ではなかった横浜村

【市バス・市営地下鉄で横浜再発見】
 グリーンライン沿線で夏の地産地消さんぽ
 ラグビー日本代表テストマッチを見に行こう!
 謎解きしながら街歩きを楽しんでみませんか?

【横濱の秘めたる歴史】「開港記念会館100周年記念」/文・青木祐介
 建築家 山田七五郎と開港記念会館

【新連載】読者投稿写真の掲示板
 まちで見つけた〝おもしろ写真〟展

ブックレビュー
季刊誌『横濱』バックナンバーのご案内

【町の記憶・世代別に語るわが町の原風景45】鶴見区江ケ崎

【買い者・荻野アンナの「商店街は面白い」52
花月園駅前通り「花商会」(鶴見区編)】
 花の下町フランセ商店街

【新連載】みらいへはばたけ! ハマの企業1/エイシン電機株式会社
 焼きいも機から温乳器まで適温を追求する!!

【横浜の底力49】横浜から世界へ〜海をまもる人々/文・山崎洋子

横浜の四季「夏~初秋」

【新連載】横浜ミュージック/文・平野正裕
 「ブルー・ライト・ヨコハマ」とその時代

横濱インフォメーション(美術館・博物館などの情報)

次号予告
プロダクトNo 1281684060
出版社 神奈川新聞社
発売日 1,4,7,10月の3日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。