横濱 定期購読・最新号・バックナンバー

横濱の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

横濱雑誌の詳細です。


横濱の公式サイトへ
本・雑誌 横濱
本・雑誌内容 「誇り高き江戸っ子も、ハマっ子には敬意を払う」。作家浅田次郎は、記念すべき季刊誌横濱1号でそう語った。生粋のハマっ子は三日住めば出来上がるというが、横濱を3冊読めば誰もがハマっ子になる。街を歩けば古い建造物がその繁栄の歴史を伝え、夜ともなれば関内、イセザキあたりでジャズ&ブルースが流れる。中華街の喧騒は人々を異国情緒へといざない、暮れ行くトワイライトタイムに街は、これからはじまる夜の楽しみに輝きだす。そんな横浜をあますことなくお伝えするのが『季刊誌横濱』。どうぞ胸いっぱい横浜を味わってください。もちろん、続々と誕生する新名所もご案内いたします。
本・雑誌内容詳細 【エッセイ】「横浜と文学賞と私」 小松成美(ノンフィクション作家)

【特集】相鉄線、新たな魅力
 新生20000系電車がやってきた!
 相鉄線の明日 写真・文◎齊藤大起
 ら♪ら♪ら♪相鉄線 写真・文◎杉﨑行恭
 相鉄線100年の軌跡 文◎成田知弘
 横浜駅西口のあゆみ 文◎岡田 直
 駅舎ものがたり(相鉄線全駅)
 沿線の“謎”を追え!
   相鉄起業の地「瀬谷村」とは?
   なにがあったのか?「瀬谷義民の碑」
   一直線の「海軍道路」とはなにか?
   消えた駅名「二ツ橋」は家康のお気に入り?
   こども自然公園の開園事情とは?
   トンネルの先は違う国?
   泉区は横浜野菜の聖地か?
   横浜ビジネスパークの前身は何だったのか?
   なぜここに“ハマのアメ横”があるのか?
   「相鉄瓦版」コラボレーション
 沿線にはうまい店がいっぱいです
   西横浜:「おすしのえびす」「ふらんすやま」、星川:「とんかつ・串揚げ きよし」
   「ケーキハウス エリオット」、西谷:「和食処 栄」「鴻運来」、
   希望ケ丘:「手打ちそば 吉乃」「ファム ソウルフルキッチン」、
   南万騎が原:「満月屋」「手作りパン工房 ぴぐれっと」、
   弥生台:「おさかな広場」、いずみ中央:「パティスリー ラ フォンティーヌ」、
   ゆめが丘:「小麦畑の石窯ベーカリー&食堂ファール ニエンテ」
 相鉄が展開する「名店プロジェクト」って何?
   弥生台:「ペタル ドゥ サクラ」、緑園都市:「酒と板そば ともしび」

【横浜の歴史 いろはの〝い〟】その2 文◎斎藤多喜夫
 神奈川ではなく、横浜開港が本命

【ウォッチ!よこはま】 文◎大西比呂志
 区政90周年を迎えた鶴見区・神奈川区・中区・保土ケ谷区・磯子区
 なぜ、この5区が誕生したのか? -90年前の横浜に遡ってみた

【市バス・市営地下鉄で横浜再発見】
 ①グリーンライン東山田駅~北山田駅
  “干支”を道案内に緑と寺社を巡ってみませんか
 ②10月28日は“はまりんフェスタ2017”

【横濱の秘めたる歴史】 文◎綱河 功
 時代とともに姿を変えてきた横浜公園

【横浜港物語】44 文◎志澤政勝
 鉄桟橋と遊歩桟橋

【読者投稿写真の掲示板】第2回 評者◎河北直治
 まちで見つけた〝おもしろ写真〟展

ブックレビュー
季刊誌『横濱』が買える書店・施設
季刊誌『横濱』バックナンバーのご案内

【町の記憶・世代別に語るわが町の原風景】46
 港南区笹下

神奈川新聞社インフォメーション

【買い者・荻野アンナの「商店街は面白い」】53
 「千丸台商店会」(保土ケ谷区編) 千丸台強運商店街

【みらいへはばたけ! ハマの企業】2/ジェネクスト株式会社
 ドライブレコーダー映像・解析で交通安全に取り組む

【横浜の底力】50 文◎山崎洋子
 料理も文化も地産発信。横浜ビール~驛の食卓

横浜の四季「秋~冬」

【横浜ミュージック】第2回 文◎平野正裕
 「海を見ていた午後」-ユーミンと“女性の時代”のはじまり-

横濱インフォメーション(美術館・博物館などの情報)
次号予告
プロダクトNo 1281684060
出版社 神奈川新聞社
発売日 1,4,7,10月の3日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。