警察学論集 定期購読・最新号・バックナンバー

警察学論集の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

警察学論集雑誌の詳細です。


警察学論集の公式サイトへ
本・雑誌 警察学論集
本・雑誌内容 幹部としての洞察力と管理能力を向上させるために新法・施策・警察事象・判例をいち早く解説
本・雑誌内容詳細 児童買春、児童ポルノの製造等の子供の性被害に係る対策の強化について
警察庁生活安全局長/山下 史雄

児童の性的搾取等に係る対策の基本計画について
元警察庁生活安全企画課課長補佐兼総務課付・在マレーシア日本国大使館一等書記官/玉川 達也

児童の性的搾取に係る現状と警察による対策について
警察庁少年課課長補佐/藤森 大輔

連続的な犯罪と告訴の及ぶ客観的範囲
~名古屋高裁金沢支判平成24年7月3日高等裁判所刑事裁判速報集平成24年201頁を題材に~
東京地方検察庁特別公判部副部長/眞田 寿彦

自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する
法律第2条の罪及び第3条の罪に関する故意の立証について(上)
札幌地方裁判所判事/島戸 純

判例講座・刑法総論
第16回 共同正犯をめぐる問題⑶―承継的共同正犯をめぐる問題について
東京大学大学院法学政治学研究科教授/橋爪 隆

刑事判例研究
▶ 不動産の権利に関する登記の申請・登記が虚偽の申立て・不実の記録に当たるか否かについては、
当該登記が当該不動産に係る民事実体法上の物権変動の過程を忠実に反映しているか否かという観
点から判断すべきとした上で、本件で問題となった土地の登記は、当該不動産に係る民事実体法上
の物権変動の過程を忠実に反映したものであるから、これに係る申請が虚偽の申立てであるとはい
えず、また、当該登記が不実の記録であるともいえないとした事例(最高裁判所平成28年12月5日
第一小法廷判決、裁判所時報1665号14頁)
法務省大臣官房参事官兼刑事局総務課企画調査室長/上原 龍
プロダクトNo 1281683957
出版社 立花書房
発売日 毎月13日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。