警察学論集 定期購読・最新号・バックナンバー

警察学論集の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

警察学論集雑誌の詳細です。


警察学論集の公式サイトへ
本・雑誌 警察学論集
本・雑誌内容 幹部としての洞察力と管理能力を向上させるために新法・施策・警察事象・判例をいち早く解説
本・雑誌内容詳細 青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律の一部改正と警察の対応について 

 警察庁少年課少年保護対策室長/松木 秀彰

性犯罪の重罰化等に係る刑法の一部改正と警察の対応について 

 警察庁捜査第一課課長補佐/山本 昭弘

防犯カメラ・ドライブレコーダー等による撮影の許容性と犯罪捜査・刑事司法における適法性の判断 

 首都大学東京都市教養学部法学系教授/星 周一郎

GPS捜査をめぐる問題点~近時の下級審の裁判例の概観と最高裁大法廷平成29年3月15日判決の若干の検討~
 
 横浜地方裁判所/渡邊 英敬

警察学論集創刊70周年記念企画 新 警察署長論・警察署各課長論
 
 第2回 警察幹部の在り方~“警察の責務”の視点から(下)
   
  前警察大学校警務教養部長兼術科教養部長 
  警察庁生活安全局地域課長/飯利 雄彦

 第3回 警察署長の在り方 
  
  警察大学校警務教養部主任教授/西村 力
  警察大学校警務教養部主任教授/岩根 忠

警察幹部のための刑事法擬律判断 
 第5回 横領

 法務総合研究所 研究部総括研究官/粟田 知穂

刑事事実認定重要事例研究ノート
 第35回 覚醒剤の自己使用事案における故意の認定 

 東京高等裁判所判事/大西 直樹

刑事判例研究(488)
 犯人との間で,身柄の拘束を継続することに疑念を生じさせる内容の口裏合わせをした上,参考人として警察官に対して口裏合わせに基づいた虚偽の供述をした行為につき,罪を犯した者をして現にされている身柄の拘束を免れさせるような性質の行為として,刑法103条にいう「隠匿させた」に当たるとされた事例(最高裁判所平成29年3月27日第二小法廷決定,刑集71巻3号183項) 

 法務省刑事局参事官/羽柴 愛砂
プロダクトNo 1281683957
出版社 立花書房
発売日 毎月13日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。