家族療法研究 定期購読・最新号・バックナンバー

家族療法研究の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

家族療法研究雑誌の詳細です。


家族療法研究の公式サイトへ
本・雑誌 家族療法研究
本・雑誌内容 学会でのタイムリーな話題を中心に発行いたします
本・雑誌内容詳細
第34回大会の開催にあたって:斎藤 環

第34回大会抄録集
大会長講演「オープンダイアローグの日本における可能性」:斎藤 環
基調特別講演「Respecting the Otherness in most severe mental health crises : Open Dialogue contribution」:Jaakko Seikkula
市民公開講座「ひきこもりと「対話」」:斎藤 環
大会企画1「オープンダイアローグ・シンポジウム[臨床編]」
大会企画2「オープンダイアローグ・シンポジウム[学際編]」
特別ワークショップ「オープンダイアローグ特別ワークショップ」:ヤーコ・セイックラ
一般演題
事例検討・セッション
スーパーヴィジョン・セッション
自主シンポジウム
ワークショップ
演題一覧


第33 回日本家族研究・家族療法学会:長崎大会アーカイブ
[基調講演]揺らぎ続ける家族療法,その中心はどこに?:児島達美
[特別講演]家族史的視点から見るフィリップ・フランツ・フォン・シーボルト:宮坂正英
[大会企画1]法と家族臨床:司法臨床のアプローチ
[大会企画2]オープンダイアローグと我々は,どこから来て,どこへ行くのか?
[大会企画3]多様化する家族,協働する支援者たち:個人と家族,仕事と家族をつなぐために
[大会企画4]リハビリテーションと家族
[大会企画5]教育現場の窮地における家族支援の表ワザ・裏ワザ・奥の手を語る
[大会企画6]家族をつくる:社会的養護における里親,里親支援
[大会企画7]犯罪被害者の二次的被害と被害者・家族への支援:被害者家族とのダイアローグを通して
プロダクトNo 1281683866
出版社 金剛出版
発売日 4,8,12月の30日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。