北國文華 定期購読・最新号・バックナンバー

北國文華の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

北國文華雑誌の詳細です。


北國文華の公式サイトへ
本・雑誌 北國文華
本・雑誌内容 「北國文華」は1998年6月に前身の「文華」(1945年12月から53年まで刊行。1949年4月号からは「北国文化」と改称)を復刊したものです。時代の要請に応え、時代を切り開く価値観と豊かな文化土壤を作り上げる、地方発のユニークな雑誌として評価を受け、大きな支持をいただいています。高樹のぶ子氏の現代小説、嵐山光三郎氏、童門冬二氏、桂文珍氏らのエッセーなど豪華執筆陣も評判です。投稿小説も受け付けており、「発表の場」ともなっています。
本・雑誌内容詳細 【特集】
学府金沢を創った知の源流
◆藩校エリートが幕末を動かした/作家 中村 彰彦
◆藩校が教えた朱子学の光と影/作家 井沢 元彦
◆名君の祖父を敬い捧げた開校/作家 童門 冬二
◆加賀藩に理系の俊英が多いワケ/金沢ふるさと偉人館学芸員 増山 仁
◆斜陽の明治期に活気与えた四高/金沢星稜大教授 本康 宏史
<わが四高回想記>
●教室より夜、先生の家でよく学んだ/昭和17年卒、元文化庁長官 安嶋 彌(ひさし)

《連載》
○【ふるさと唄紀行】3 能登半島(作詞・阿久悠 作曲・三木たかし 歌・石川さゆり)
○小説「恋なんて、するわけがない3」 えっ、貫太がテレビに出る!/水橋 文美江
○【泉鏡花文学賞史】3 スケールが大きくなっていく文学賞/嵐山 光三郎
〇【等伯との旅】7 仙洞御所の絵
口利きとして求められた額は三百両だった/安部 龍太郎
〇 小説「おんな物語31」 キリシタン岡本大八の不正が発覚/竹山 洋

<特別寄稿>
・魂を慰撫(いぶ)する戦い―beをdoとする平成の天皇/高志の国文学館館長 中西 進

〇【昭和残照】27 白山ろく物語(白峰村)/北國写真連盟参与 折橋 正一
〇【わが人生忘れ得ぬこと】43 恩師の3通の手紙/いしかわ師範塾塾頭 新村 健了
○【暁烏敏(あけがらすはや)「あるがままの魂」】8(最終回) 誰の位置も犯さない/松田 章一
○ふるさとの名随想編
 越中の水・富山の水/池田弥三郎
 米粒の中の仏様/中谷宇吉郎
○小説 古本屋「やまびこ書房」の昭和ものがたり3
 終戦と反抗と空腹と/武川 龍雄
○【かなざわの心】11 松茸は専用の朱塗のお盆に/敷波 澄子
○【映画は世につれ世は映画につれ】15 ―若尾文子―/藤岡 紫浪(しろう)
○【心に残るスケッチの旅】15/洋画家 林 可耕
・文芸時評/金沢学院大文学部長 水洞 幸夫
・法律を叱る73/弁護士 岩淵 正明
・マスコミ時評 北國新聞社論説委員会から/論説主幹 横山 朱門

《小説》
・トウモロコシが茹だるまで/佐伯 奈緒美
・映し鑑/李那シャンカール
・失踪した花嫁/いしだりゅういち

・読者の声/編集室から
プロダクトNo 1281683831
出版社 北國新聞社
発売日 3,6,9,12月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。