月刊フューネラルビジネス 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊フューネラルビジネスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊フューネラルビジネス雑誌の詳細です。


月刊フューネラルビジネスの公式サイトへ
本・雑誌 月刊フューネラルビジネス
本・雑誌内容 葬祭ビジネス業界向けの経営戦略情報誌。葬祭サービス及び葬祭関連事業を統計的、包括的にまとめ、葬儀社、互助会、農協、生協及び新規参入業者の動向を分析し、関連する葬具メーカー、生花、ギフト、仏壇・仏具といった各界のビジネス動向も合わせて分析するなど、より高度なサービス産業としての事業展開に向けた指針となることを目指しています。
本・雑誌内容詳細 【特集】
「冠婚葬祭互助会」70年の軌跡

1948年、神奈川県横須賀市に日本初の冠婚葬祭互助会が誕生してから今年で70年。
業界の指導団体である全日本冠婚葬祭互助協会(全互協)発足からも45年。
生活者の社会生活基盤を形成する儀式を担うシステム産業として、高品質で安全・安心のサービスを提供し続けてきた冠婚葬祭互助会は、いま、生活者のライフステージ全般のサポートへとその領域を広げている。
本特集では、誕生以来、70年にわたり互助会事業者が果たしてきた社会的役割を検証するとともに、超高齢社会に向けた今後の展望を探る。

■神奈川県横須賀市に誕生して70年
 日本人の冠婚葬祭をサポート――編集部

■冠婚葬祭互助会の果たしてきた社会的役割と
 超高齢多死社会における存在意義――冠婚葬祭総合研究所

《インタビュー》
■第4ステージを迎えるなかで
 全日本冠婚葬祭互助協会が果たすべき役割とは
 ―― 一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会
  会長  齋藤 斎氏
  副会長 山下裕史氏
  政策統括室長 佐久間康弘氏

■㈱西村企業/横須賀冠婚葬祭互助会[神奈川県横須賀市]
 代表取締役社長 西村安彦氏
 ――創業90年、冠婚葬祭互助会創設70年。
   “発祥の地”として相互扶助の精神を継承

■㈱サンレー[北九州市小倉北区]
 代表取締役会長 佐久間進氏
 ――互助会事業に「天命」を感じ、業界全体の団結に尽力。
   地域コミュニティの再創造に向けて新たな事業戦略狙う

■メモリードグループ[長崎県長与町]
 代表 吉田茂視氏
 ――冠婚葬祭にとどまらず、全世代の支援を行なうことこそ
   互助会が果たすべき社会的責務

■㈱ラック[福岡市博多区]
 代表取締役社長 柴山文夫氏
 ――生きていた証を大切にする儀礼文化の発信基地として
   互助会の新たな役割を追求していく

■㈱サン・ライフ[神奈川県平塚市]
 代表取締役会長 竹内惠司氏
 ――儀式の形が変化していくとき、本来大切なことが何かを
   伝えていくことも冠婚葬祭互助会の役割の1つ

■㈱くらしの友[東京都大田区]
 代表取締役社長 伴良二氏
 ――いい意味の競争心がないと業界全体が進化できない。
   そうしたなかで、常に先手を打っていくことが大切

■あいネットグループ[静岡市駿河区]
 代表取締役社長 杉山茂之氏
 ――健全経営を継続しつつ、時代のニーズをつかむ。
   「変えないもの」「変えるもの」の見極めが大切

《インタビュー》
■事業環境が激変するなかで
 契約互助会とともに多角的に展開していく
 ――互助会保証㈱[東京都港区]
   代表取締役社長 寺坂信昭氏

【Visual Report】
■メモリードホール春日[福岡県春日市]
 ――木の温もりと差し込む光の演出を施した
   和モダン空間演出で新たな葬祭会館を創造

■森の邸宅[神奈川県横須賀市]
 ――老朽化した自社会館をスクラップ&ビルド
   「洋風邸宅」の2号会館を横須賀に開設

■セレモニーホールMIRAIE 上越妙高[新潟県上越市]
 ――新幹線駅周辺の再開発エリアの一画に
   上質な葬送空間提供する新ブランド会館

【FUNERAL REPORT】
■左とん平 お別れの会[青山葬儀所]
 ――故人の意思を汲んで盛大に送る
   昭和の喜劇スターのお別れの会

【CLOSE UP】
■㈱アーバンはるか[広島県東広島市]
 ――お迎えから焼香案内、打合せ、司会まで担当
   学生アルバイトを戦力化

■(一社)マイライフ協会[東京都新宿区]
 ――老後の安心をデザインするために
   マイライフ協会が終活セミナーを開催

【FBF2018注目の出展企業レポート】
■みどり生命保険㈱《東京都北区》
 ――葬祭事業者の売上げアップにつながる
   お客様の立場から考えた葬儀代金のための保険
  
【葬祭パートナーズ企業GUIDE】
■みどり生命保険㈱[東京都北区]
 ――“儀礼文化を守る一助となること”を
   コンセプトとした「葬儀のための保険」

■(一社)京都グリーフケア協会[京都市下京区]
 ――実践的な講義とワークショップをとおして
   グリーフケアが学べる場を提供

【DATA BANK】
■「終活」の認知度は9割超も実施度は5割未満
 喪主・遺族の多くが葬儀後に「困りごと」に直面
 ――㈱公益社「葬儀・終活に関する意識調査」から
プロダクトNo 1281683814
出版社 綜合ユニコム
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。