月刊プロパティマネジメント 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊プロパティマネジメントの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊プロパティマネジメント雑誌の詳細です。


月刊プロパティマネジメントの公式サイトへ
本・雑誌 月刊プロパティマネジメント
本・雑誌内容 不動産証券化時代をリードするビル・不動産マネジメント情報誌 。不動産の証券化、J-REIT、不動産ファンド、不動産投資に代表される不動産金融ビジネスの最新情報を、豊富な事例やデータ、トップ企業へのインタビューなどを通じてお届けします。
本・雑誌内容詳細 <特集>
魅力を引き出す、価値を加える
中小ビルの活かし方

都心中小オフィスビルは売買市場でのアップサイドではなく
需要層が分厚く収益の振れ幅が小さい保有に適した安定資産。
多くが築年数を経てリニューアル時期を迎えるいまこそ、資本投下の時期だ。
魅力を引き出し新しい価値を加える“甲斐”のあるタイミングが来ている。
投資成功を占う視点と、魅力を高める中小ビル活用提案を紹介する。

【INTERVIEW】
なぜ、いま中小ビルか
■中小オフィスビル変革の環境整う
 来たる投資・活用のタイミング
 ―中山善夫氏[ザイマックス不動産総合研究所]に聞く

【VIEWPOINT】
投資マーケットからの視点
■床下大量供給下でも投資需要堅調
 内外投資家「B・Cクラス」への眼差し
 クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドに聞く

賃貸マーケットからの視点
■多様な働き方を歓迎する
 中小ビルの生き残る道は“脱・画一化”
 今関豊和氏[オフィスビル総合研究所]に聞く

建物・空間からの視点
■中小ビルの潜在力、こう見分ける
 リノベーション事業成長のシナリオ
 馬場正尊氏[オープン・エー]に聞く

近・新・大ビルからの眺め
■立地優位性は不動
 大量供給にも動揺せず?
 グローバル・アライアンス・リアルティに聞く

【CASESTUDY】
中小ビル魅力高める10の提案
■野村不動産「PMO」シリーズ
 PMO主軸のCRE戦略
 柔軟なソリューションを提案

■住友商事「PREX」シリーズ
 中規模オフィスを開発・売却
 大規模オフィスにない使い勝手の良さ

■エー・ディー・ワークス「AD-O渋谷道玄坂」
 道玄坂に小規模ハイグレードオフィス
 着眼点は成長企業のステップアップ

■三菱地所レジデンス「Reビル事業」
 低投資・短期回収のスケルトン竣工
 レジ大手が取組むリノベ事業の魅力

■ヒトカラメディア「スイッチオフィス」「パターンオーダーオフィス」
 「居抜き」と「VR」をテーマに
 リーシングを強力サポート

■東急不動産「Green Work Style Project」
 緑とオフィスが融合
 ワーカー目線の新しい働き方を提案

■ネコリパブリック「猫オフィス」
 猫カフェ・猫ビル・猫オフィスも
 里親探しで広がる猫のいる仕事場

■シェルター「京都木材会館」
 差別化策に「木造」の選択肢
 耐火構造14階建ても

■リビタ「セブンアネックスビル」
 築54年のビルを子育て・教育施設に
 周辺相場に左右されない再生を実現

■キュラーズ「セルフストレージ」
 オフィスビル不適地こそ開発適地
 用途転換で物件価値が大きく再生


【CLOSE UP】
■ISO 55000シリーズ普及通じ
 国内外で日本のAMノウハウ最有効活用
 日本アセットマネジメント協会

【特別レポート】
■J-REITの分配金比較
 山崎成人[REITアナリスト]


【HOT TOPICS】
◎昭和リースがカプセルホテルファンド立ち上げ
 投資規模は10案件・100億円

◎民泊対応型アートマンションが誕生
 不動産とアートの融合で差別化図る

◎コンテナ型ホテル開設
 新規性と利便性で多方面に訴求

◎2017年上半期の不動産投資額は前年度比15%増
 東京都心部以外での投資が目立つ

◎全米アパート新築戸数ランキング
 トップにロングアイランド・シティ
 ――From N.Y.
プロダクトNo 1281683812
出版社 綜合ユニコム
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。