BOXING BEAT(ボクシング・ビート) 定期購読・最新号・バックナンバー

BOXING BEAT(ボクシング・ビート)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

BOXING BEAT(ボクシング・ビート)雑誌の詳細です。


BOXING BEAT(ボクシング・ビート)の公式サイトへ
本・雑誌 BOXING BEAT(ボクシング・ビート)
本・雑誌内容 ボクシング界のニュースが全て分かる専門誌!
本・雑誌内容詳細 ■チャンピオン・ギャラリー
■ショート・パンチ/Left & Right
■今月のビッグショット
■世界ミドル級戦特報
 村田-ブランダムラ
 WBC世界フライ級戦特報
 比嘉-ロサレス
■Camera Clicks
■「ずっと待っていた。こんなチャンスはない」
 燃えるリナレス
■展望/WBA世界ライト級戦
 熟成のリナレスがロマチェンコを攻略する可能性は!?
 インタビュー…サリドのアドバイス
■ゴロフキンVSカネロ2キャンセル!
■「黄金のバンタム」転向で期待される
 井上尚弥の新たなる冒険
■WBAスーパー・IBF・WBO世界ヘビー級戦
 ジョシュア、3王座統一
■神戸のダブル世界戦
 山中竜、見事な初防衛 WBOミニマム
 初挑戦小西、カニサレスに判定負け WBA・L・フライ級
■自信取り戻した! 田中、3階級制覇に意欲
■きっかけのエピソード 勅使河原弘晶
■誌上博物館
■山中慎介引退記念特集
 さらば「ゴッドレフト」
 引退会見採録/世界戦ダウン奪取31シーン/アラカルト
■カレンダー/新オッズメーカー
■PROGRAM~観戦ガイド~
■海外注目ガイド
■WBAスーパー&IBF世界S・ウェルター級王座統一戦
 ハード2冠王
 デゲール雪辱 IBF世界S・ミドル級戦
■マイキー4階級制覇 IBF世界S・ライト級戦
 ベラルーシのレリク王座に WBA世界S・ライト級戦
 WBCは無敗ラミレス WBC世界S・ライト級戦
 バルデス痛いV4 WBO世界フェザー級戦
■清水打ちまくってV2 東洋太平洋フェザー級戦
 八重樫、2回TKO勝ちも渋い表情
■ダブルWBO-AP戦
 まさかの一撃…小原に悪夢 ウェルター級
 新鋭木村届かず フェザー級
■ヤップ、中嶋の挑戦もはね返す 東洋太平洋バンタム級戦
■源がベルト奪取 日本フェザー級戦
■ダブル東洋太平洋戦
 36歳大竹「世界」待つ S・バンタム級
 中山“粘闘”及ばず フライ級
 坂本初防衛 WBO-APフライ級戦
■飯田覚士の直撃トーク 第178回
 久我勇作「和氣さんとの試合、やらない理由はないと思うんです」
 初回KOでV2 日本S・バンタム級戦
■トレーナー&選手に聞く
 減量を失敗しないために
■Eye of BEAT 第52回 竹迫司登
 ミドル級に新星
■アマから続々転向の俊英たち
■国内リングサイド・ニュース
■ニューフェイス[水野拓哉]
■ピープル(仲村正男、小関桃さん)
■連載第3回 ボクサーが書く
 石井一太郎「会長の日々」
■KOトーク 尾崎恵一
■B.B.Round-Up 海外のニュース
■浜田剛史の世界トップ選手ウォッチ[エロール・スペンスJr]
■ジョー小泉のボクシング珍談奇談
■世界のリング
 キャッチ三浦のアメリカン・シーン
■海外ボクシングマニアのコラム
■国内試合記録/Ringside Reports
■ランキング
■AMATEUR RING
■第29回全国高校選抜大会兼JOCジュニアオリンピックカップ
 田中空、入江にJOC杯
■荒本殊勲、王者金城を攻略「第1回 東京五輪記念山根カップ争奪戦」
■ランキング
■UJ大会
■Boxing LIFE
 ボクシングジムに行こう!
■全国ジムMAP 茨城編②
■「新井田式」ボクシング練習法
■連載 チャンピオンの殿堂[ジミー・ワイルド]
■読者の指定席
■後記/定期購読のお知らせ
プロダクトNo 1281683740
出版社 フィットネススポーツ
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。