PCG 定期購読・最新号・バックナンバー

PCGの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

PCG雑誌の詳細です。


PCGの公式サイトへ
本・雑誌 PCG
本・雑誌内容 PCGは(協)全日本洋菓子工業会が編集・発行する、製菓技術に携わる全てのプロのための専門誌です。毎号30ページに及ぶ『特集』を組んでおり、このほか「話題の店」、「製菓技術ゼミナール」、「私のスペシャリテ」、「経営情報」などの連載も充実。洋菓子製造の専門書として、あるいは職業訓練のワークブックとして、1970年の創刊以来、初心者はもちろん熟練技術者や経営者の方々など幅広い読者の皆様にご愛読いただいています。
本・雑誌内容詳細 世界の菓子PCG 2017年9月号
■アンズ、スモモのお菓子  VOL.574
日本における洋菓子の黎明期から、アンズジャムはパウンドケーキやザッハトルテをはじめ、さまざまな洋菓子に使われてきました。
しかしアンズそのものを主役にしたお菓子は、脚光を浴びる事が少ないように思われます。
そこで、フレッシュのアンズを使ったお菓子や、アンズの味わいが凝縮された加工品を使ったお菓子を考えていただきました。またアンズのフレッシュを加工するリリエンベルグの厨房にお邪魔し、その手順とアンズをおいしく食べさせてくれる2種類のタルトを作っていただきました。同じ初夏~夏に出てくるニホンスモモ(プラム)、西洋スモモ(プルーン)についても考察します。
アンズ、スモモの加工品のカタログも掲載します。

◆特集◆アンズ、スモモのお菓子
◎アンズ、スモモの概要と主な品種

◎製品提案~甘さと酸味のバランスを楽しむ
 秋城俊徳(帝国ホテル東京)/上野博史(スイーツスタジオ ベルノート)
 島田 徹(パティシエ・シマ)/大貫洋平(リリエンベルグ)
 髙井裕佳(パティスリー T.シャンティイ)/松永健一(帝国ホテル 東京)

◎アンズの加工法
 リリエンベルグ

◎素材カタログ

■連載・スポット
◎PCG経営情報
◎話題の店 GINZA SIX
◎製菓技術ゼミナール 廣瀬達哉(パティスリー ヴォワザン)
◎私のスペシャリテ 大塚 聡(明治記念館)
◎スイス産発酵バター50%のハイコンパウンドが創る、豊かな焼き菓子の世界⓼
 中村雅之(パティスリー ラ・ヴィ・ドゥース横浜店)
◎ステファン・クライン アメ細工製法のポイント
◎TOPIC 捧 雄介(パティスリー ユウ ササゲ)
◎インフォメーション          
プロダクトNo 1281683739
出版社 全日本洋菓子工業会
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。