季刊「禅文化」 定期購読・最新号・バックナンバー

季刊「禅文化」の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

季刊「禅文化」雑誌の詳細です。


季刊「禅文化」の公式サイトへ
本・雑誌 季刊「禅文化」
本・雑誌内容 昭和30年(1955)の第1号発刊より、既に50年以上、213号超を数える禅(ZEN)の季刊誌です。日本文化の源泉ともいえる「禅」を知っていただくために、臨済宗各派管長や老師の高説、研究者の語録解釈、禅的エッセイの連載、貴重な墨蹟や絵画を鑑賞できる表紙やグラビアなど、禅の初心入門者から上級者・研究者までに読んでいただける豊富な内容です。1・4・7・10月の25日に発行。A5変形判・平均170頁。
本・雑誌内容詳細 特集 禅寺と庭
【対談】 禅寺に庭を作る/木宮一邦・北山安夫
夢窓疎石の禅と庭園/仲隆裕
大徳寺大仙院庭園 ~枯山水~ 室町時代の禅庭/重森千靑
真珠庵の庭と私 ―― 人々の残像 ――/山田宗正
禅宗語録入門読本 32 最終回 玄沙 (下)・法眼/小川隆
「経帯麺」の初見 ―ラーメンと室町文化―/芳澤元
❖ グラビア 蘇山玄喬禅師一五〇年遠諱記念 神機妙用禅師の遺墨
「喝」のフィロロジー(下)/衣川賢次
白隠さんが号泣した話/西村惠信
和本の世界 ⑶ 中世から近世へ/橋口侯之介
禅の見方、考え方 (十) 私とは何者か ―― 己事究明(七)/古川周賢
禅における心身について (十八) 腰を据え、気を充たす(六)/佐々木奘堂
「韓信放鉄鷂(国士無双の韓信が、鉄のハイタカを放った)」。して、その心は 死語と化した禅語の意味を、俗な情報によって邪推する(三)/加藤一寧
― 病いはそのまま法の声 ―「からだ様」は神様です 第八回 酸欠は諸悪の根源/樺島勝徳
仏教界の覚醒と禅 (中之上)―要説・中国禅思想史51/伊吹敦
睡猫庵歌話 (十八) 悲嘆の金剛力士― 『松村英一全歌集』を読む ―/大下一真
表紙解説/志水一行
いっぷく拝見
編集後記《すずろごと》
『禅文化』バックナンバー
禅文化研究所の本
カット 平川功
プロダクトNo 1281683721
出版社 禅文化研究所
発売日 1,4,7,10月の25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。