住宅新報 定期購読・最新号・バックナンバー

住宅新報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

住宅新報雑誌の詳細です。


住宅新報の公式サイトへ
本・雑誌 住宅新報
本・雑誌内容 『住宅新報』は、戦後まもない昭和23年(1948年)に創刊され、日本全国の不動産取引に寄与してまいりました。今や日本の住宅・不動産事情は円熟期を迎え、「量」から「質」への転換が加速度的に進んでいます。『住宅新報』は住宅・不動産業界の総合専門紙として、次世代に向けた新たなビジネスモデルのヒントとなる有益な情報をタイムリーにお届けします。住宅・不動産業界で働く方々、これから住宅や不動産を購入・賃貸しようとしている方々など、みなさまのお役に立つ情報が満載です。
本・雑誌内容詳細 ★今週の1面トップ記事★
○柔軟な働き方を模索 大手、中小とも働き手目線で

「働き方改革関連法案」が閣議決定され、国会に上程された。残業時間の
抑制や高度プロフェッショナル労働制について議論が戦わされることにな
る。一方、住宅・不動産会社もまた、自社の中で労働制度の見直しや新し
い制度の創設などを積極的に行っている。それは、社員の健康やモチベー
ションの維持など様々な理由によるが、社員の立場に立った制度づくりが
なされているようだ。不動産流通業を中心に、働き方について、各企業の
取り組みを追った。

★その他主な記事★
○告示改正で団地型敷地売却を推進(2面)
○霞が関ビル竣工50周年(4面)
○シニア向けペット共生マンション 空き家対策に(6面)
○ワンストップ強化へ ウスイホーム(7面)
○「宅建アソシエイト」資格創設 推進C(9面)
プロダクトNo 1281683708
出版社 住宅新報社
発売日 毎週火曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。