建材フォーラム 定期購読・最新号・バックナンバー

建材フォーラムの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

建材フォーラム雑誌の詳細です。


建材フォーラムの公式サイトへ
本・雑誌 建材フォーラム
本・雑誌内容 私たちが安全で健康的な生活を送るためにも、住宅に使用されている建材を考えていくことは大変に重要なことです。「建材フォーラム」では、近年再評価されている日本古来の漆喰や土壁といった左官材料や環境にやさしい建材を中心に、最新の製品情報や業界動向、継承していかなければならない伝統的技術などをビジュアル的に掲載しています。真に快適な“これからの住まいづくり”のヒントを職人の顔の見える本づくりでお届けしていきます。
本・雑誌内容詳細 ◆創刊500号記念特集◆ 2020年代、湿式建材業界の進むべき道

〈座談会〉
2020年代に向けて ― 左官の課題と可能性

○出席者(敬称略)
小 俣 一 夫 (司会/NPO法人湿式仕上技術センター 顧問)
輿 石 直 幸 (早稲田大学 理工学術院 教授)
田 村 雅 紀 (工学院大学 建築学部 教授)
端   直 人 (戸田建設㈱ 本社建築工事技術部 技術2課 課長)
梅 田 泰 成 (日本住宅モルタル外壁協議会 理事)
浅 田 浩 嗣 (四国化成工業㈱ 建材事業 首都圏営業部 ジュラックス営業課長)
能登谷 恭 一 (日本化成㈱ 総務本部 副本部長)
石 山 武 司 (㈱タカボシ 代表取締役社長)
藪 原 健 三 (㈱ヤブ原 代表取締役社長)
阿 嶋 一 浩 (㈱あじま左官工芸 代表取締役)
野 澤 雅 史 (㈱野沢組 代表取締役)
原 田 宗 亮 (㈲原田左官工業所 代表取締役社長)

〈特別寄稿〉
塗り壁で住宅各戸にパワースポットを
 =小俣一夫(日本床施工技術研究協議会 会長 技術士)

〈記念企画〉
業界史を刻むレガシー建材
 ―未来に繋げる着想と技術

〈寄稿〉
私の考える東京オリンピック後の湿式建材業界
 ~建材フォーラム創刊500号に寄せて

○設計・研究・教育
 石原 沙織(千葉工業大学)
 大野  彩(フレスコ普及協会)
 奥田 章子(株式会社 大林組)
 古賀 一八(福岡大学)
 後藤 泰男(LIXIL資料館館長)
 齋藤金次郎(都立中央・城北職業能力開発センター高年齢者校)
 高橋 宏樹(ものつくり大学)
 田中 辰明(御茶の水女子大学名誉教授)
 難波蓮太郎(工学院大学名誉教授)
 三原  斉(ものつくり大学)
 村尾かずこ(造形作家)
 山田宮土理(近畿大学)
 横井  健(東海大学)
 横山  裕(東京工業大学)

○団体
 長谷川哲義((一社)日本左官業組合連合会)
 藤井 実広(日本建築仕上材工業会)
 田堂 哲志((一社)日本塗料工業会)
 野口 陽一(日本外壁仕上業協同組合連合会)
 鈴木 浩之(全国マスチック事業協同組合連合会)
 巖  利彦(日本シーリング材工業会)
 行平 信義(日本漆喰協会)
 金子 祐正(日本れんが協会)
 石川 悦夫(NPO法人湿式仕上技術センター)
 小俣 一夫(日本床施工技術研究協議会)
 山中 豊茂(ラスシート工業会)
 遠藤  昇(東京都左官組合連合会)
 米本 順平(東京都左官工業協同組合)
 石川 隆司(東京都左官職組合連合会)
 三上 誠司(神奈川県左官業組合連合会)
 五十嵐正志((一社)埼玉県左官業協会)

○企業
 大久保雅一(アトリエミヤビ)
 池田 嘉次(株式会社イケダコーポレーション)
 岡田 明廣(株式会社岡田建工)
 阿食更一郎(株式会社亀井組)
 山口  均(菊水化学工業株式会社)
 原  紘介(ケーハラ・アソシエイト)
 村松 朗功(株式会社建和)
 吉田 一正(左官吉田)
 佐藤ひろゆき(佐藤左官工業所)
 吉田 一彦(四国化成工業株式会社)
 品川  博(左官職)
 鈴木  光(鈴木建塗工業株式会社)
 石山伊佐夫(株式会社タカボシ)
 中屋敷 剛(中屋敷左官工業株式会社)
 根子  清(株式会社根子左)
 横澤とも子(花菱産業株式会社)
 平山 真也(平山左官工芸)
 原田  進(富士川建材工業株式会社)
 赤岡 泰光(フジワラ化学株式会社)
 又吉 雄二(株式会社フロアーエージェント)
 松本 元意(松本左官工業所)
 村樫 太郎(村樫石灰工業株式会社)
 駒木根 淳(ヤブ原産業株式会社)
 白石  普(株式会社Euclid)
 吉村  誠(吉村興業株式会社)


・データシート

・本誌500号の軌跡
 1986(昭和61)年~1993(平成5)年

●トピックス
・「しっくい塗り仕上げ」の標準仕様書への復活など要望
 ~左官業振興議員連盟総会開催

・神左連が第56回通常総会を横浜市で開催!
 ~会員減に危機感。将来を視野に積極的なPR活動、魅力ある業界づくりに邁進。

・“左官材料を中心とした仕上げ壁の機能性評価”テーマに
 工学院大学との共同研究成果を報告
 /東左連・第10回左官セミナー

・第1回「建築材料アドバイザー(左官材)」講習会及び試験を実施
 /東京セメント建材協同組合

・タカボシが新社屋竣工式を挙行
 ~「百年企業を目指し全社一丸となって精進」と石山伊佐夫会長

・独自新技術による水系2液屋根用塗料など解説
 ~新製品発表会を開催
 /水谷ペイント

●資料室
仕上塗材前年比94.6%、左官材・補修材は同95.3%
~平成29年生産量統計、生SLは12%増
 /日本建築仕上材工業会

●連載
・左官往来 現代左官事情(その178)「23.明治以後の民衆建築の変遷(78)」
 =鈴木 光(ものつくり大学 特別客員教授)
・クロスワードクイズに答えて当てよう!
・研究開発参考資料「ゲノム編集の光と影―人類が生物進化の創造主に―」
 =小俣一夫(NPO法人湿式仕上技術センター 顧問)
・五輪書を読みとく ~火の巻(2)
 =福田 雅春(練馬区合気道連盟理事長)
・触角(No.280)「西郷どん② ― 人(ヒト)との出会い―」
・<Wall通信No.112>~耐荷重が要求される床の下地調整に~ リニアレベラー
・スケッチ三昧・欧州編
 =工藤矩弘(工博・技術士)

●情報
・ニュースあらかると
・話題の製品Pick up
★読者アンケート
・エディターズルーム・広告索引
プロダクトNo 1281683694
出版社 工文社
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。