Discover Japan 定期購読・最新号・バックナンバー

Discover Japanの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Discover Japan雑誌の詳細です。


Discover Japanの公式サイトへ
本・雑誌 Discover Japan
本・雑誌内容 いま地方に熱いまなざしが向けられています。海外からひっきりなしに観光客が訪れる北海道ニセコ、話題のミュージアムが昨年竣工した青森、民藝という視点から掘り下げた地方の物産、クリエイターが地方の作り手といっしょにつくるデザインショップなど、地方でおこる「いま」を求めて、さまざま切り口で紹介いたします。建築、宿、民藝、クラフト、レストランなど各専門分野のスペシャリストが選んだ情報を網羅した47都道府県デザイン観光ガイドは完全保存版です。
本・雑誌内容詳細 今年は明治になってからちょうど150年。
日本史上最大の出来事・明治維新は、
約270年続いた江戸時代の常識が通じなくなった変革期でした。
そして、そんな状況に対応し、身分の枠や国境を超え、
従来の常識にとらわれずに動いた人々が活躍した時代でもありました。
今回の特集では、まずそもそも明治維新とはなんだったのか、
どんな出来事があったのかをわかりやすく紹介。
江戸幕府と明治新政府のシステムの違い、
変革期に藩のリーダーたる殿様がどんな行動をとったのか、といったエピソード集や
明治維新で活躍した代表的な人物を紐解いた図鑑も掲載。
坂本龍馬が教科書からいなくなるかも!? といった
これまで常識とされていた明治維新の捉え方の変化といった内容もとりあげます。
変化の激しいこの時代、いまあらためて明治維新を知ることに、
複雑な世の中を生き抜くためのヒントがありそうです。

022 特集
明治維新に
いまを生きる
ヒントがある。

024 明治維新再発見!
東京大学教授 山本博文×
俳優 要 潤

030 明治維新の事件簿

048 維新期の組織の仕組み、どうなっていた?
江戸幕府から明治新政府へ

054 殿様はつらいよ。

060 明治維新、ウワサの真相

065 幕末維新キャラクター図鑑

090 明治維新を先導した二つの雄藩を比較! 薩摩×長州

094 なぜ、高知から多くの維新の立役者が生まれたのか?

102 明治維新用語辞典

106 維新の舞台を巡る旅

110 佐賀藩・鍋島家は、
東京をどう生きたか?

116 江戸ワンダーランド日光江戸村で
開国前のニッポンを愉しむ
オトナの粋な江戸遊び


133 第二特集
この冬行きたい、温泉

134 この冬の注目は“ハイブリッド型”新・湯治!
文=石井宏子

138 山形座 瀧波

144 星野リゾート 界 アルプス

146 NEMU RESORT

148 スポーツバイクで見過ごしがちな街の魅力を再発見!
新旧の東京を散走

150 冬こそ輝く日本一の“星の村”

152 世界はもう気づいている ニッポンの雪

164 “注文の多い展示会”の秘密。


Regular Features

003 TOPICS
010 Discover Japan in the World
014 柴咲コウ こうめぐる 会いに行って、愛を知る
121 みんなのDJ
R40的 東京名店探訪/EXILE 橘ケンチの今宵のSAKE/
ソウルフードトラベラー/編集部の出張メシ/
歌舞伎でめぐるニッポン/今月のNEW TAP/
反省しないつまみ/地名歳時記/
紳士、淑女になるための映画と音楽講座/
編集部の出張メシ②/うみやまあひだ/編集部へのいただきもの/
ニッポン珍名建築/ローカルファイナンス事始/
喜歓!  ニッポン/インバウンドで日本再発見/
ニュースなパン。/めまい
157 地域ブランドクリエイターズファイル
建築家/鈴野浩一(トラフ建築設計事務所)
168 地域ブランディング協会通信
172 本物の職人
178 はじまりの奈良
182 柏井壽の逸宿逸飯 あらや滔々庵
188 ファッションディレクター赤峰幸生 男の作法
190 スタイリスト高橋みどり ただいまニッポンのうつわ
192 レストランジャーナリスト犬養裕美子 新・ニッポンのレストラン名鑑
196 異ジャンル×能 対談集中連載第三回 ダンサーと語る能
200 丸の内発26時
202 DJ Meeting Table
208 culture clips
210 ブックディレクター・幅允孝 あの人を忘れたくない
216 お菓子研究家 福田里香の民芸お菓子巡礼
プロダクトNo 1281683675
出版社 エイ出版社
発売日 毎月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。