リフォーム産業新聞 定期購読・最新号・バックナンバー

リフォーム産業新聞の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

リフォーム産業新聞雑誌の詳細です。


リフォーム産業新聞の公式サイトへ
本・雑誌 リフォーム産業新聞
本・雑誌内容 成長マーケットと言われる住宅リフォーム市場で成功するにはどうすればよいか。紙面では、全国の有力リフォーム事業者取材に基づく、成長企業の経営術をはじめ、最新のトレンド、統計データ、差別化商材など経営・営業に欠かせない情報を幅広く発信しています。本紙独自の「住宅リフォーム売上ランキング」は、市場動向を知る上で欠かせない人気企画として多くの方に支持をいただいています。また、リフォーム業界の中でも注目を集めるオール電化、太陽光発電、リノベーション市場などについてもカバーしています。
本・雑誌内容詳細 TOPニュース
------------------★
◆東電、省エネリフォームの新会社設立
 2021年度500億円目指す
東京電力エナジーパートナーと、住宅の電気水道設備の設計代行を行うエプコは8月9日、新たに省エネ住宅サービスを提供する会社「東京電力ホームテック」を設立した。
新築・既存住宅において省エネ診断、機器の交換、設計施工をワンストップで提案。
2021年には売り上げ500億円を目指す。



Discover Rebuilding
-------------------------------★
◆住環境ジャパン、一度で5種類のプラン体感
 一棟リノベマンションが誕生
1つの物件に5社の異なるリノベプランを再現したモデルルームが誕生した。
これを手掛けたのは、住宅リフォームや太陽光設備工事を行う住環境ジャパン。
買い取った1棟のマンションで、モデルルームと物件の販売を同時に行う新たな事業モデルを紹介する。



買取再販年間販売戸数ランキング
--------------------------------------------★
◆マンション買取再販1位はベストランド
 カチタス、戸建てで圧勝
マンション、戸建てそれぞれの有力事業者はどこか―――。
本紙独自調査企画「買取再販年間販売戸数ランキング」を元にマンションと戸建てそれぞれの上位企業を紹介する。



リフォーム産業フェア経営セミナーリポート
---------------------------------------------------------★
◆ワイドアルミ、本BtoCへ転換・3年間で売り上げ3倍増に
 「来て、見て、楽しめる」イベント奏功
「窓から見える庭空間」をコンセプトに、窓・外構工事を行うワイドアルミ。
巾竜介社長は、自社の発信力と充実した社員教育で生産性アップに成功。
3年間で売り上げを3倍に伸ばした。 



DATA
--------★
◆内閣府調査、高齢者・今後必要なリフォーム「特にない」が45%
 手すり、入りやすい浴槽にニーズあり
高齢者は今度どんなリフォームが必要だと感じているのか。
内閣府が発表した「高齢者の経済・生活環境に関する調査」では、高齢者が求めるリフォームや、住宅関連の支出の現状、自分の住居を将来的にどうするかといったことについて明らかにしている。
調査は60歳以上の1976人で、持ち家率は87%となっている。



最新ニュース
------------------★
◆LIXIL、第1四半期、27%増益
 「順調なスタート切れた」
LIXILグループは、第1四半期決算を発表。
売上高に当たる売上収益は前年同期比1.2%増の4319億円、事業利益は27%増の187億円となった。


◆建デポ、プロ向けウェブメディア「職人カタギ」誕生
「夏の現場も『充電式ファンジャケット』で涼しく快適!」そんなタイトルが並ぶ、建築職人向けウェブメディアが誕生した。
その名も「職人カタギ」。建材ショップを展開する建デポが始めたものだ。


◆リビタ、独身寮・社宅を再生
 シェア型賃貸・大学宿舎に
既存建物の改修・再生を手掛けるリビタは、独身寮・社宅をシェア型賃貸住宅・大学国際学生宿舎に再生し、9月上旬の入居開始に先駆け8月28日にプレス向け内覧会を開催した。
プロダクトNo 1281683407
出版社 リフォーム産業新聞社
発売日 第1,2,3,4火曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。